横浜へ

今日もいい天気。
今朝は1ヶ月に一度の新聞紙回収日。新聞販売所が1ヶ月溜まった新聞紙をトイレットペーパー1個と交換してくれるのだ。ゴミ出しと一緒に新聞紙も出す。ワタシが横浜へ出かける頃にはトイレットペーパーに変っていた。
今日から電車内で読み始めたのは「推理小説」。例のドラマ「アンフェア」の原作本だ。この間アキバへ行ったときについ買ってしまった。ついでに「白夜行」も、と思ったが、定価が高いので後回しにしたのだった(^^;。東野さんの本は直木賞受賞ということもあり、コーナーが作られて面出しされていた。
近年漫画原作のドラマが数多く作られ、結構ヒットしたのでその傾向が続いていると思っていたが、今期は大河も含めると結構小説本が原作のドラマが多い。活字メディア復権か、と思わせる。ましてこの「アンフェア」は小説の周辺が舞台になっている。
漫画コーナーは大手書店では本にシュリンクをかけているので立ち読みできないようになっているのだが、そういう要素が漫画が売れにくくなっている事情とリンクしているのかどうか、本屋としてちょっと知りたいところだ。
面白く読んでいるうちにあっという間に反町到着。交換会で入札をして、来週の理事会で検討する議題を整理する。それに連動して翌週開かれる支部長会議の召集もワタシの仕事だ。
昼飯を挟んで午後、ある備品の購入を実行するため京浜東北線に乗ってみなとみらい地区へ。大きなホームセンターに入った。園芸用品から日用雑貨、文房具に電化製品、リフォームの受注や、ペット用品、果てはペットの販売までやっている。ものすごい規模だった。ところがお目当ての備品は、売り場の係員、サービスセンターの係員、レジ係、フロアを変えての売り場係員と計4人に聞いてみたが「ウチでは取り扱いありません」という答えだった(^^;。仕方なくそのまま古書会館へ戻った。
17時にタイムレコーダーを押す。会計理事さんは決算関係のお仕事でお忙しそう。お疲れ様です。
帰りの車中でも「推理小説」の続きを読む。あっという間に新丸子に着いた。店に戻ってからは荷造り三昧。いつもお買い上げありがとうございます。夕食の揚げ餃子を平らげてしばらくゆっくりTVを見る。
夕食後は再び仕事の続きだ。
260130.jpg

2006-01-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事