1日店

店は定休日。仕事は休まない。
朝飯を食べながら録画しておいた「白夜行」を見る。まるで大河並みに幼少期のシーンから話が始まっていた。オープニングにラストの場面を持ってくるのって他局のドラマで見た覚えがあるなぁ・・・。
終始話が暗い。絶望の縁に立たされる少年と少女。まるでこの2時間で描きたいことは描きつくしているのではないか、という勢い。結構ストーリーが濃いのかも。
事件を追う刑事役に金八先生か。と最初は思ったが、話し言葉が関西弁になっていたりして意識的に印象を違えるように設定されている。いや、それよりも演技が全く違っていた。犯人を追う眼の感じ。先生の時には生徒を生かすような眼差しだったが、今度は犯人として追い落とすような眼をする。別人に見えた。
ちなみに高視聴率で始まった「西遊記」もこのあいだ見たが、これは途中で寝てしまうような内容だった・・・(^^;。うるさすぎ。
ご送金、ご注文を頂き、午前中いっぱい荷造り作業。午後から女房も仕事をするというのでオークションの出品作業を手伝ってもらう。さすがにプロセスが多いので一通り覚えてしまうまで時間がかかっているが、きっと物覚えはいい方だと思う。デジカメでの本の撮影、写真をヤフー側に上げてしまってからの操作はほとんど大丈夫。パソコンに写真を取り込んでからオークション用に切り出す動作などがうまく把握できていないくらいか。MS-DOS時代からパソコンをいじっているとファイル(現フォルダ)のツリー構造が感覚として理解できるのだけど、ウィンドウズになってからそのあたりが隠されてしまったので理解しにくくなっている。初心者にとってはその部分がツライようだ。
久しぶりに郵便局までえっちらおっちらと本を出しに行く。そのそばにある薬屋さんまで撮影済みフィルムを出しに行く用事があったためだが(^^;。以前よりもフィルム消費量が激減してるなぁ・・・。
GR DIGITALを買ってから銀塩カメラを使う頻度が減ってしまったのは否めない事実。コンパクトデジカメなのに撮影した絵が曲がらないのはこのカメラが初めて。これ一台でワタシの撮影はほとんど用が足りてしまっている。いーんだか悪いんだか・・・(^^;。
報道は風説の流布と偽装喚問と死刑判決の三つ巴。再び証券市場において大事件に発展しそうな問題が起きたなぁ。
260117.jpg

2006-01-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事