雨・雨・雨

朝から雨が落ち始めた。予報通りだった。
気温は3月下旬並みというが、それほど暖かく感じない。気分的なものなのかもしれないが。
娘が急に加減が悪くなった。ゲーゲー吐いている。吐き下しに罹ったようだ。ノロウィルスだかなんだかが流行っているようだからきっとそれだろう。何を食べてもすぐに吐いてしまい、水を飲ませても飲ませた量以上に吐いていたりする。普段元気な娘。それだけに1日寝ていろと布団に貼り付けられるのが苦痛でしょうがないらしい。まるでふて寝のような空気を発散させながらイライラしていた。それだけの気力があればきっと大丈夫。治るまでの我慢ヨ。
女房がデータベースに入力する本の在庫が底を突いてしまったので、オークション出品作業を教えようと本を積み上げた。といっても最初だからあまりたくさんは無理。まずは簡単なシリーズ揃い物から。
ところが、オークションの場合デジカメの操作・撮影方法から教えなければならないのだった。デジカメのモード設定、構図の取り方、ライティングなど。普段何気なくやっている作業にも慣れが前提となっているものもあるんだね。
撮った写真をパソコンに取り込む方法も初めての人には難しいらしい。オークションサイトへのログイン。取り込んだ写真をオークション用の大きさに切り出してサイトにアップする作業など。なるほど実にたくさんの手続きが必要だった。教わる方も大変だが教える方も実は結構大変。女房のやる気だけが頼りだ。
さすがに1から10まで全部いっぺんに覚えるのは無理なので、最初の写真を切り出す作業などはワタシがちゃっちゃっと一通り行った。オークションの商品データ作成作業を中心にやってもらった。ここでもhtmlエディタの知識が必要だったり、コピペのマウス操作の知識も必要だったりする。普段感覚的に何気なく行っている動作をいちいち説明しなければならないというのもPCならではか。
ワタシはまだ若い頃からPCに馴染みがあったから良かったが、途中から始めなければならない人にとっては、PCの取り扱いって巨大な壁にぶち当たったような気持ちになるのかもしれない。
ところが、今TVドラマなどで表現されている「仕事している姿」はもっぱらPCの前に座ってキーボードをカタカタしている様子だ。それがあながち的外れでないところがコワイ。これからの「仕事」はPCが出来なければどーしよーもなくなる気がする。
我々よりも若い人たちは、あのドラマの主人公のあのカッコイイ仕事っぷりにあこがれてああいう仕事を目指すのだろう。・・・ソレジャゼンゼンワカランダロウガ(^^;。
南部入札会の結果が出たので五反田まで本を取りに走る。あいにくザーザー降りの雨。古書会館で本を積み込むときも雨は降り続いていた。ウチの荷物はともかく、他の方の本が濡れてはマズイ。事業部の方々はそのことに気をつけてらした。さすがです。
店に戻ってオークション出品作業の続き。ワタシが留守中に女房は一通り入力作業を終えていた。結構飲み込みが早いね(^^)。
夕食後、オークション落札品のメール書きをしていると外では雷がゴロゴロと鳴っている。もうすぐ春なのかしら。
260114.jpg

2006-01-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事