横浜へ

快晴。朝から元気だ。にしても、この間正月だったのにまた三連休(^^;?
東横線に乗ると晴れ着を着た女性を数多く見る。今日は成人の日か。まあ自治体主催の同窓会のようなもの。ワタシは20歳当時参加しなかった。
各国の成人の儀式を研究した人が書いた本を読むと、人間の根源的生活を保存している民族ほどそれはそれは大変な苦痛を与えることが成人の儀式として一般的らしい。大人になるということはそれほど大変な苦痛を伴うのだ、と身を以って知らせる意味があるのだろう。と考えると、ワタシにとっての成人は30歳を過ぎてからだったかもしれない。自覚前に今まで味わったことが無いくらいものすごく深い鬱状態にはまり込んだ。自分の進むべき道を真剣に考えたからだった。大げさではなく目の前が真っ暗になった。すでに結婚して二人も子供が居たが、ちゃんと自分の足で歩いていかなければ、と、まるで新成人のような決心ができたのは鬱状態を何とか切り抜けたこの時期だったのではないかと思う。成人の日から10年以上遅れました(^^;。
今日は理事会の日。話し合う要件をメモしておいたので、午後に備えてレジュメにまとめた。交換会は一回りして入札する品物は無かった。特選市会後だし仕方ないだろう。
レジュメ製作後は初市会での取り組みについて文章にする。古書ニュース掲載のためだ。事業部長本日欠席のお知らせが入る。理由は「用事があるため」とか。ワタシは用事が無くてヒマツブシにここに来ているわけじゃないんですよ。しばらくしてもう一人の理事さんも体調不良にて欠席とのこと。お大事にどうぞ。
昼食後、理事2名欠席で理事会。内容はここには書けません。
理事会終了に前後して初市会の事故が判明。当然事業部長に担当してもらうべき仕事だが「用事」のため今日は欠席されている。すぐにお店に電話を入れるも音沙汰なし。
新入組合員さんが入会金などを持参しておみえになった。組合加入に際してのご説明など質疑応答に1時間ほど。その間事業部長からの連絡はなく、もう一度こちらから電話を入れると、しばらくしてとてもめんどくさそうな声で電話がかかってきた。事故の件を報告して後処理をお願いした。仕事は最後まで責任を持ってやってください。それと、こんなこと若輩のワタシに言わせないでください。
これまた事業部の仕事である初市会における他県の方の落札品を荷造り作業してからタイムカード。
朝の元気はどこへやら(^^;。ここに居ると疲れます。
260109.jpg

2006-01-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事