仕事始め

今日から甘露書房は開店。
一応今日から仕事はじめということになるのだが、実際には昨夜が初売りだった。オークションで出品していた写真雑誌85冊がすべて売り切れててんてこ舞いだった。もちろん仕事は深夜まで及んだ。いつもお買い上げありがとうございます。
今朝は年末年始でご入金いただいた分をすべて清算して発送に備える仕事。ドンドンドン、と本の山。母親は少し早めに来て年末と年初の会計作業。どうやら間違いはない様子。
発送作業をしているうちに午前中が終わる。女房が作ってくれたチャーハンをかっ込んで再び仕事の続き。すると母親が来て言った。「実はね、店のエアコンが壊れちゃって動かないのよ。寒くてしょうがないから電気ストーブを買ってきてくれる?」確かに今日暖房がないってのは寒いだろうな。早速行くことにした。ちょっとストーブを買いに行ってくるよ、と女房に言うと傍らに居た娘が言った。「ウチも行くー(^^)」断る理由もないし、冬休みでウチにばっかり居るのも良くないので連れて行くことにした。厚着してよね。かく言うワタシも用心して5枚着た。
で、隣駅まで歩く。電器店は正月らしく福袋が置かれていた。1万円、5万円、10万円、50万円まである。50万円にはプラズマTVほかホームシアターセットが入っている。買う人いるのかしら・・・(^^;。50万円かぁ。今50万円使っていいよって言われたらワタシは何を買うだろう。こういうとき欲しいものがパッと出てこないんだからヤになるなぁ。
母親は縦型のハロゲンヒーターがいい、と言っていたので900Wの強力なタイプを買って帰る。早速組み立てて点灯するとなかなかの暖かさ。これならいいね。オヤジも気に入ったようだった。
午後はラジオを聴きながらオークション出品作業。夕食時には何度かに分けて昨夜録画した古畑任三郎を見る。三夜連続で放送だから見るのもタイヘンだ(^^;。
夕食後は今日もオークション落札品のメール書き。年明け早々たくさんのご入札ありがとうございます。深夜まで。
250104.jpg

2006-01-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事