横浜へ

朝は6時に目が醒めた。
案の定二日酔い(^^;。気持ち悪いー。昨夜はおいしいお酒が過ぎたらしい。浦霞のひやおろしは絶品でした。
何も食べる気になれず。とりあえずグラグラするアタマを抱えながら昨日の日記を書いてホームページを更新する。
さっさと動けない。少しうつむき加減でゆっくりと動作する。余計ショボーンとなる。飯などの固形物は危ない。もしものために女房が用意して置いてくれたゼリー状の栄養ドリンクを二つ飲んで朝飯代わりにした。これはこういうときすごく便利だ。
ノロノロと横浜へ向かう。ノロノロとシャッターを開けてノロノロと階段を登る。鍵をノロノロと開けてノロノロとタイムカードをパンチ。ふうー。どうにか到着したか(^^;。
早速新規組合加入ご希望の方がいらっしゃった。ノロノロしてはいられない。面談して書類をお預かりする。この書類は理事全員に目を通してもらうことになる。すでに予備審査は終えられている方なのでそのあたりはスムーズに。
昼飯は理事長と二人で近所の蕎麦屋へ。二日酔いの後最初に食べる食事はなぜかカレーが多い。ウコンが入っているからかな、とか思うけど、「あれは食前に飲むから効くんですよ」と事務局のYさん。そりゃ残念です(^^;。
名簿の整理などしているうちに夕方。すでに古書ニュースは編集が完了しているというので、印刷に回すこととなる。封筒の準備ができていないが、それは月曜日の朝一に致します。
店に戻ると息子が修学旅行から帰ってきた。なんだか疲れた様子。「おにいちゃん、よるぜんぜんねなかったんだって!」と娘が解説してくれた。おお、なんだか修学旅行っぽいねぇ(^^)。親しい友達と朝までしゃべっていたらしい。
夕食の時間に上がると息子はもう寝ていた。そりゃ寝るだろう。普段10時間も寝ているのに全然睡眠していないんだから・・・。
食べながら先日録画したたけしの日本の教育についての3時間番組後半を見た。最大公約数を取るのか最小公倍数を取るのか。今までのシステムはいかにも均質な社会を作るためとして最大公約数的な教育が取られてきたが、その反動か、個性的な教育ということが盛んに鼓舞される。確かに教育が大事だ、と言われ続けてきたが、各論になると誰もが異論を吐いている気がする。それをまとめろなんてとてもできない。ならどうするのだろう。カリスマの出現を期待する空気が生まれる。
議論はあったって結局は何も変えられないよねぇ。賛否両論それこそが本来のあるべき姿なんだから。
2511181.jpg

2005-11-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事