横浜へ

朝から曇り空。
今日も横浜へ。午後から支部長会がある。先日の理事会で決定し、古書ニュースに要掲載事項が出たのでまずは原稿化。3本ほど書く。今日は大市会の清算日ということで朝から皆さん会計場へいらっしゃる。いろいろとご協力ありがとうございました。大市会は今日で日程のすべて消化した。乙。
「甘露さん、写真関係が出てるよ」とお知らせくださる方有。ありがとうございます。早速交換会会場へ。入札を済ませてまた仕事に戻る。支部長会でお配りするレジュメの作成。電話が鳴った。午後から組合加入希望の方が面接にいらっしゃることになった。現在神奈川組合に加入希望されている方は3名。古書組合ご加入ご希望の方はお早めにどうぞ。ワタシの理事任期はちょうどあと半年でございます(^^)。
結局昼飯を摂る時間がなく、そのまま支部長会の開始時間となってしまった。会議開始。昼飯は会議終了後に理事の皆さんと。久しぶりに短めの昼休みを取れた。
古書ニュースの原稿を事務局Yさんに渡したあと、新規組合加入希望の方がいらっしゃったので応対する。必要書類をお渡しし、ご記入をお願いする。必要書類が提出された時点で理事会を招集し、入会の可否を検討することとなる。
その後、事業部長さんのお手伝い。来年1月に開催される初市会の荷物がもう集まりだした。すごいなぁ。写真撮影をする。今回も目録編集はほとんどワタシが致します(^^;。
その後、初市会の日程と企画を文章化してワードで打ち出し、組合掲示板に張り出した。1件連絡網で回す事項があり、各支部の理事へお伝えする仕事をして今日の仕事は終了。東横線に乗った。
車内ではつい昨日の続きで岡本太郎著「今日の芸術」を読む。氏の視線は極めて正確に事実を貫く。そのため文章に一切のゴマカシがない。つまりいつでも自分を偽らないということだ。ダメと思ったものをダメという。良いと思ったことは良いと言う。単純至極だ。しかし世の中はフクザツで、この単純な行動を潰そうと動く。氏は真正面からその動きとぶつかり、そして乗り越えようとする。あくまでも芸術家として。芸術とは既成の概念といつも仲が悪いものなのだ。
世の中がダメと言ったものは本当にダメなのか。世の中が良いというものは本当に良いものなのか。じゃあ自分はどう思うのか。氏の文章にはいつもドキリとさせられる(^^;。コトの本質だけに怖い。怖いが読まずには居られない。
店に戻る。ご注文のメールにお返事を書き、ご入金いただいた分の荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
251114.jpg

2005-11-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事