横浜から神田

あっという間に金曜日。
朝は7時半起き。荷造りをいくつかしたあと、朝飯を皆で食べてからワタシ一人出かける。子供たちは夏休みだ。
横浜では先日来取り組んでいるポスターとチラシ作成作業の、チラシ篇仕上げへ。事業部長さんが作ってきてくれた原案を元に、事務局のYさんとワードであれこれ言いながら作成。なんとかそれなりのものに仕上がった。ついでにHPの文言も少し足した。より説明っぽくなってしまったが、HPはポスター・チラシよりもより”読んで”下さる方が多いはずなので、これくらい書き込んだ方がいいと思われ。
午後に入ってすぐ、神田へ行くことになった。仕事の引継ぎもおろそかなままとりあえず出た。神保町着は14時過ぎで、すでに開札は始まっていた。一口モノが入荷していたらしく、会場は品物が所狭しと並んでいた。いいところに来たなぁ。こういうときには全体的に値段が高くなる傾向だが、量が出ると見落としも出る。ワタシのような者にも落札できるチャンスが広がることもある。とにかく見逃さないように慎重に入札。
一渡り終えて昼飯に出る。腹減った。時計を見たら15時半(^^;。何を食べても中途半端だな。こういうときはゼータクしないのがセオリー。M屋で豚めしを食べる。
しばらく歩く。電車男の聖地アキバへ。別に買うものなんて何もなし。この雑踏に浸るのが習慣のようになっている。まあなんでもいいんです。理由なんて。普段店で1日中仕事をしているから、こういうときは歩きたいんだから。
17時頃に古書会館へ戻る。開札作業はほぼ終了。今日はこれだけは買って帰ろう、と思って気合札を書いておいた森山大道さんの本はあえなくヤラレてた(^^;。た・た・た・高いよー・・・。はっきり言ってウチの売値です、それ(^^;。
岡本太郎の最初の画集が最終台にあった。いくらするんだろ。ははあ、なるほどそれくらいですか。と、入札もしていないのに腕組みしながら頷く(^^;。見たこともないような本が毎週山のように出る市場。買っても負けても楽しくって仕方ない。本が好きなら迷わず本屋になることをおススメしますよ!
今日もなんとなくカーゴ1台分くらい買ったので、明日クルマで回収に来ることとなった。実はこういうシチュエーションも好きで、戦利品を持ち帰るようなかんじか。
夕食を食べながら昨夜録画した電車男を見る。うーん、面白いな。今期ドラマでは一番だね。
20050723013110.jpg

2005-07-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事