横浜へ

朝、汗を流す為にシャワーを浴びる。背中が日に焼けてヒリヒリした(^^;。
今日は横浜へ。車中、元住吉駅から高校球児と思われる集団が乗車してきた。どうやらこれから試合らしい。一箇所に固まらず、また席に座ろうともしなかった。昨日グラウンドで見た球児たちのイメージと違わなかったのでなんとなく気分が良かった。
反町駅を降りるとサンサンと降り注ぐ太陽光。どうやら梅雨明けかしらん。古書会館まで歩く間に結構汗をかく。暑くなりそうだ。
とはいえ、今日はほとんど会館内で仕事。いよいよ出来上がってきた買取促進用ポスターのイラストを加工して組合HPに貼り付ける作業など。せっかくだから、と、ポスターのようには行かなくても大市会の宣伝用ページを編集した。組合の対外的な仕事はこのような最大公約数的仕事が主なものとなる。それはある意味仕方のないことで、各個人では統一できないイメージや方針などを取りまとめることは、よく考えれば組合でしか出来ない仕事である。もっと言えば、最大公約数的と自らその仕事を卑下してしまっては組合全体の将来を潰しかねない。ここに重要な課題が含まれている気がしてならないのだ。
過去、古書組合はこの手の最大公約数的仕事をあえて考えの外に置いてきた。きっとその趣旨はこうであろう「分かる人には分かってもらえるはず」。分かる人が居なくなったとは言わないが、分かってくれない人が多くなってきているような気がする。あの時やっていれば・・・の後悔先に立たず。すでに十分手遅れっているが、最後の悪あがきと思ってやってみます。もはや何をやろーが勝ち目はほとんどないけどね・・・(^^;。
店に戻ったのは17時半。晩飯は水餃子と揚餃子。その他雑酒2を飲んだ。
晩飯の仕度をしていた女房。最大の敵、ゴキに遭遇したらしい。きゃあ、と悲鳴を上げた後、逃げ込んだ台所の流しの下の棚を恐る恐る全部撤去。息子に助けを求めた。息子とてゴキがそれほど得意ではないものの、勇気を出して丸めた新聞紙でパカパカ徹底的に叩いて殺したらしい。おー、よしよしよくやった。
よかったねぇ。殺ってもらえて(^^)。「でも死んだゴキブリはアタシが捨てたんだよ」とか・・・。息子、お手伝いのボーナス点獲得かな(?)。
普段は色々なところで気丈な女房も、ゴキとイモムシだけは駄目らしい。ま。ふつー女の子はみんなそういうものかもしれないな・・・。
20050718225815.jpg

2005-07-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事