横浜から五反田へ


金曜日は横浜へ。
朝から作文をいくつか。もちろんすべて組合関係のものだが、出す先が違うし、他の方の署名記事になるものもあるので推敲を重ねる。そう、ワタシがゴーストライターです(^^;。他の理事さんにも見ていただくことも忘れずに。作文はワタシの天職になりつつあるなぁ・・・。もちろんこれで食べているわけではないから一銭にもならないが。食べていない以上はアマチュア。それくらいがちょうどいいけれど。
会計理事さんが印刷してきてくださった古書ニュース最新号の袋詰め作業のお手伝い。そのうちに来客があり、対応をしているうちに昼飯を食べるタイミングを逸してしまった(^^;。組合事務仕事自体の終了時間となり、退出。そのまま東横特急に乗って五反田を目指す。自由が丘乗換えで大井町線。旗の台から池上線で五反田へ。自由が丘の連絡が悪くてホームに到着した大井町線に乗り損ねる。特急に乗った意味が半減(^^;。古書会館到着まで50分くらいかかってしまった。
入札を済ませて外に出ると夕闇近かった。五反田は夜の街に変わりつつあり、店先に人が立ち始める。早々に通り過ぎてラッシュの池上線に乗った。
帰りは大岡山から目黒線に乗り換える。この方法が出来るようになってから自由が丘の乗り換えをしなくても良くなった。自由が丘駅は駅の施設が旧態依然で混雑に対応できていないから、出来るだけそういう場所を避けるのがストレスを感じなくて済む賢い方法。イヤなら使わないというのが一番早いし、実際的だ。
店に戻って仕事を始めるとすぐに夕食の時間。鶏モモ肉の酢煮と麦とろご飯。夏は酢の匂いが食欲をそそる。子供の頃は酢の物が嫌いで、酸っぱいものは総じて好きではなかった。酸味がおいしいと感じるようになったのはやっぱり社会人になってからだろうか。味の分かる男になったというよりも、疲れやすくなっただけなのかもしれないが・・・(^^;。
夕食後は昨夜落札していただいたオークションの荷造り作業。いつもお買い上げ有難うございます。
20050708235601.jpg

2005-07-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事