ほぼ1日店

ウチの部屋の前にスズメが営巣を始めてどれくらい経ったか。
毎朝起きるとスズメのチュンチュンという鳴き声が聞こえる。カラスのカーカーは耳障りだがチュンチュンだといい感じ。盛んに変圧器の穴へ出入りしており、そろそろ卵が孵化したのかもしれない。彼らもまたウチと同じように子育て中。お向かいさん同士である。
今日は一ヶ月ぶりの歯医者へ。店を出ようとシャッターを開けるとちょうどオヤジが店にやってくるところだった。入れ替わりに出た。今回も大過なく歯の掃除が済み、30分ほどで店に戻る。外は曇り空。梅雨空だ。
店に戻ってからは再び午後までかかって荷造り作業だ。荷造りマシーンと化し、ドカドカと積み上げる。いつもお買い上げ有難うございます。
荷造り作業は好きなのでワタシはやりたいと思っているが、どうしてもその間に入力作業が滞る。この時間を有効に使えれば、と思うのだけどなぁ・・・。仕事量を増やせばそれだけ売り上げも上がるので、なんとかして人を増やしたいとは思っているのだが。
女房は午後から娘と一緒に小学校へ。息子は友だちを連れてきて遊戯王カードに夢中らしい。一人静かにオークション入力作業をこなす。途中おやつの時間に息子たちへスーパーで買ってきたウーロン茶とスナック菓子を与える。が、夢中で食べるのかな?本当に。
しばらくして女房たちが帰ってきた。よかった。分けて食べてくれるだろう。
夕食時に「吹奏楽の旅」を見る。以前とは違って1校に密着取材というわけではなくて、いろいろな高校を見てまわるようになったらしい。今日は部員数の多い学校でコンクール出場メンバーをどうやって決めたらいいか、という問題に取り組む生徒たちの様子が放送された。部員が126名で出場できるのは50名。しかも人数が偏っているパートだと更に削られる場合がある。全員が出られないのは規則だから仕方ない。その枠組みを動かすわけには行かないとしたら・・・。コンクールに出ることが目標ではない。出たからには全国大会への出場を目指す。だとしたら必然的に演奏のウマイ人を出場させなければならない。
・・・ほとんど野球部やサッカー部のレギュラー争いと大差ないな。文化部だとはいえ、そこにはどうしても競争原理が導入される。次回が楽しみだ。
夕食後は今夜も全力でオークション落札品へのメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。ラジオからはケミストリー。意外としゃべりがウマイね。
20050707002852.jpg

2005-07-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事