1日店


朝は快晴。まだそれほど暖かくない。
今年の春は例年より遅くなった。去年の桜はこの時期にはすでに散っていたが、今年はまだ蕾だ。
ラジオでしゃべっていたこと。曰く、桜の咲く時期で日本人はその年の気象を測る。つまり、桜が早いと”異常気象”というわけだ。確かに去年の夏は猛暑だった。猛暑でも寒波でもそれが極端に過ぎると人は外に出なくなり、結局は景気が悪くなるという。桜が平年どおり入学式のあたりで咲く今年は、なんとなくだが普段どおりの季節感が味わえるので、景気にはいい影響を与えるらしい。夏はアタリマエに暑く、冬は当たり前に寒い程度のほうが物は売れる。要は何事もほどほどがよろしいということ。
桜は例年並だが花粉は30倍(^^;? ウチにいる花粉症患者一人のおかげで、ここ1ヶ月ほど家族で出かけることはなくなってしまった。4人家族のうちの1人が花粉症になるだけで家族全体が出かけなくなるという事実。薬が売れるからいい、なんてのんきなことを言っている人がいるらしいけど、的外れなことを言っている自覚が全然無いんだろうね(^^;。花粉を出す杉は即刻切るべし。
半月ほど背中が痛かったり、胃にズーンと鈍痛があったりして変な病気に罹っていないか心配していた。自転車に乗った後の疲れ方から考えて、実は内臓が疲れているんじゃなかろうか、と気が付いた。母親が愛飲している滋養強壮薬を女房に買ってきてもらい、飲んでみると背中も胃も痛みが引いてしまった。良かった。内臓、特に肝臓が弱っていたのだろう。なぜだかは知らないが何かに春は肝臓が疲れやすくなるので「酢」を飲みなさい、と書いてあった。今回飲んだ滋養強壮薬は肝臓エキスとにんにく抽出液の混合液が主成分。これで肝臓に栄養が入った。あとはたっぷりの睡眠時間が必要なのだろうな。
子供たちがどうもウチに居ると思ったらそういえば春休み中だった(^^;。毎日時間に追われる生活をしているから子供たちのところに十分気持ちが行っていなかったらしい。息子は今手品に凝っていて、図書館から借りてきた本や自分で買った本をとっかえひっかえしながらトランプマジックを中心に習得を続けている。良く練習しないうちに披露したがるものだからうまくいかない時もあるけれど、見てもタネが全然わからない手品を自信たっぷりにやり遂げることが増えてきた。
手品か。誰かさんを思い出すなぁ・・・。2005-03-30.jpg

2005-03-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事