往復


朝から仕入れ一件。雨がぽちぽちと落ちてくる。天気予報では快晴のはず。
10時に現地のお約束。ところが年度末の道路工事に阻まれ、直前でピタッと渋滞にはまって足を掬われる(^^;。ご近所まで行ってケータイでお電話。仕入れの場合、9割以上は初めて行く場所だ。もはや絶滅しかかっている公衆電話に期待などできず、現地特定するにはケータイというツールは欠かせない。
ところが収穫はナシ(^^;。珍しいがたまにこういうことはある。その足で横浜の市場へ。昨日落札した荷物を引き取りに。つい買ってしまった。買わなくても売る本は山のように積み上がっているというのに・・・(^^;。先週はなにかと忙しくてオークション出品作業をほとんどやっておらず、入力待ちが溜まっている。
昨日、オヤジが先週の明古で買った荷物の回収をし損ねたという連絡を市場開催中にも関わらず電話してきた。ワタシに電話してきたということはワタシに行って欲しい、どうにかしてくれ、ということなので、仕方なく行くことになる。ちなみにオヤジたちは今日休みだ(^^;。店は定休日だが、あっちこっちに飛び回る。おかげさまでこれといった仕事がなかなか出来ない。なあんてグチれば「それがアナタの仕事なのよ」と母親は言うだろう。確かにオヤジのフォローを息子がみるのはアタリマエのことだ。もっとも、そのアタリマエは人の数だけあるのだが。
店に本を積み上げたあと、神田の古書会館へ向かった。往復2時間。途中コンビニでサンドイッチを買ってほおばった。店に戻ると女房が店を無理して開けていた。昼飯を食べる時間も惜しかったのでコンビニでカツカレー弁当を買ってきて食べる。こんな食事ばっかりじゃカラダに悪いなぁ。
早速荷造り・発送仕事をこなす。17時を過ぎたので店を閉め、オークション出品作業。なかなかはかどらず少しイライラする。このイライラが作業渋滞の原因かもな。
自分でイライラを自覚できるということは重症だ。こういうときは逆に仕事から離れよう。そういえば借りてきたDVDをまだ見ていなかったっけ。「きょうのできごと」行定勲監督。かのセカチュウの監督さんだ。2時間ほど若者のなんでもない日常を見せられて終わった。舞台は京都なのだけど、ロケ地として千葉最南端の白浜海岸が現れた。家族旅行で行ったことあったなぁ、と思いつつ・・・。
追いかければ逃げられる。好きな人には好かれない。安定しているのに満たされない。だれもが今を”なんとなく”物足りなく思っていて、たまに起こる非日常的な出来事にすがる。そんな映画。
なぜか今の気分にピタリだった。2005-03-29.jpg

2005-03-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事