横浜へ

金曜日は横浜へ。
朝からいい天気。ひさしぶりの冬晴れというかんじ。結構空気が冷たい。
古書会館に到着してすぐに秋の予定について仕事。実は全古書連秋季役員会を今年は神奈川組合が担当することになったのだった。先日来とにかくこの仕事にかかりっきり。ちゃんと決めてしまわなければ安心できない性格(^^;。
月曜日に宿泊予約を入れたところへまずは確認の電話。予約係のMさんが電話に出てくれて、ちゃんと取れていたことを確認できた。ただし、肝心な会議室の予約は埋まっているということだったので、べつの会場で会議室を予約する必要があった。ネットで検索したあちこちの受付へまずは電話をかける。パシフィコ横浜、ランドマークタワー内会議室、赤レンガ倉庫のイベントスペース、といくつか候補がリストアップできていた。ところがそのうちパシフィコと赤レンガ倉庫の2箇所はすでに予約済みで取れなかった。ますます慌てた。まだ半年以上前だというのにもう取れないなんてまったくの想定外だった。
ネットで検索をかける。宿泊場所として押さえておいた会場のすぐそばのワールドポーターズでおもいがけず貸し会議室が見つかり、早速電話する。「ハイ、あいております。」と受付のお姉さんから返事をもらった。なんだ、意外なところに解決があったじゃん♪、と電話を切った。正式な書類を提出しようと、ネットで申込書をダウンロードしたそのタイミングでさっきの受付のお姉さんから電話があった。ヤな予感がした(^^;。「スミマセン。受付は3ヶ月前からという規定でしたので、7月16日以降でないと予約が取れないんです。」やっぱりな・・・。それも先着順という。もしも7月の時点で理由がどうあれ会場を押さえられなかった場合には取り返しが付かない。結局ここも断念せざるを得なかった。
「取れないんだからちょっとくらい会議室が遠くたってしょうがないんじゃない?」と理事長。そんなお気楽な仕事はできませんよ(^^;。そんなんでいいならワタシはこんなに悩みません。
一計を案じた。思い切って日程をずらそう。もはやそれしかない。
先日の理事会で検討の末決定した大市会の日程を、急遽開いた臨時理事会で会場が押さえられることを条件にずらすことに決めた。その上で改めて宿泊予定の施設へ電話を入れた。「はい。その日程でしたら会議室もお取り出来ます。」よかった(!)。施設側と組合側双方の都合の折り合いを付けつつ、なんとかまとめることが出来た。ひとまずほっとした。
月曜日は春の良書市会。この仕事だけしていればいい、というわけにはいかなかった。会場設営作業のため、棚を出したり並べたり。月曜日はまたちょっと大変だ。今から覚悟。
タイムカードは17時に押す。外はまだ明るい。もう彼岸も過ぎたしね。気分も陽気も良いので小杉駅で降りて一駅歩く。東の空からは満月が昇ってくるところだった。2005-03-25.jpg

2005-03-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事