お彼岸


お彼岸になるとウチは前から手作りのおはぎ(ぼたもち?)を作ることになっている。
近年は母親から女房へバトンタッチしかかっていたものの、結局あんこを作るのは母親なので大勢としてはかわらない。あんこの作り方を教わっておいてね>女房様(^^;。
朝から子供を連れておはぎを作りに出て行った。ワタシは一渡り仕事をしてから朝飯にパンを焼いて食べる。木曜日に録画しておいた「優しい時間」を見る。このドラマを見るとコーヒーを飲みたくなりますな。いよいよ話は佳境へ向かう。
昼ごろになって女房たちが戻ってきた。今年のおはぎの出来はいかがかな?急に思い立って見たくなった「ジェダイの帰還」を見ながら食べる。きな粉はウグイス粉になっててうまい。ゴマは息子が擂ったそうだ。しっとりしたかんじでウマイね。肝心のあんこは甘すぎず今年も出来がいいな(^^)。
「ジェダイは時代からきてるらしいよ」とかしゃべりつつ、ジェダイの騎士が勢ぞろいしたラストまで見終わった。息子は花粉なので出かけられず、思い立って自転車で一人出かけることにした。この間息子に買ってあげた自転車だ。サドルを少し上げればちょうどいい。上着を着てカメラを腰巾着にセット。手ぶらで出かけることにした。外は曇り空。結構寒い。
自転車にまたがり、さてどこへ出かけようか。なんとなく普段亀山湖へ釣りに行く時に走る道に出ていた。大通りを東へ走る。沼部、平間と走りぬける。日曜日だからか、曇り空で寒いからか、人気があまりない。随分自転車とはすれ違ったが。
走りながらどうせなら川崎まで行ってしまおうか、という気になった。そのままスピードを上げた。
1号線とぶつかる道の向こう側に巨大なBが見えてきた。これでも古本屋だからね、見ていきましょうか。自転車を止めて中に入ろうとした。駐車場は入場待ちができるほど。入り口には人だかり。本を売りに来る人が多いのだろうか。広いエスカレーターに乗って2階フロアへ。まず目に飛び込んできたのは大勢の人だった。こんなに人が入っているんだなぁ。リサイクル品全般を扱っている店だったので、カメラや時計、パソコン、DVDやCDはもちろん、楽器、AV機器、スポーツ用品まで売っている。価格調査員と思われる人が必死にメモを取っていたりする。すげえな。なんだかさっき走ってきた道のガラガラさと見比べてしまった。場内アナウンスに店員の「いらっしゃいませ」攻撃。これが古本屋か(^^;?20050321004120.jpg

2005-03-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事