1日店


朝からいい天気。結構肌寒いが。
息子は今朝も熱が下がらない。休みである。長引くねぇ。朝飯を食べる前にメールマガジンの編集・発行作業など。
女房はその間に娘を幼稚園まで送りに行く。帰ってきた女房と朝飯を食べながら昨日のホワイトデーの話。娘がバレンタインにチョコを上げた男の子からお返しをもらったのだそうだ。お菓子のおまけで付いてきたピンを髪留めに付けて行くと幼稚園ではその話題。何人も同じものをもらった女の子が居て皆で見せ合いっこをしたのだとか(^^;。チョコをもらえる男の子はやはり集中するものらしい・・・。もらったらお返しをするのが礼儀ということになるとそれはそれで大変かも。とはいえ、世の中ってのは不公平に出来てるよなぁ(^^;。
昼過ぎに女房の家事が一段落したので店を開ける。ワタシは荷造りをしながら本の入力作業。発送荷物がドーンと積み上がったので今日も集荷をお願いする。局の窓口へ行くと待たされるし、一時大量に持ち込むと明らかに窓口が混乱する。結果並んでいる他のお客にも迷惑となってしまう。郵便局からのススメもあることだし、ウチのような利用者の場合は集荷で差し出すのが賢明な判断だろう。
夕方になり、女房が再び家事に戻る時間となったので店を閉めた。ラジオを聴きながら作業の続き。はかどるようなはかどらないような。とりあえず積み上がっている本の山を少しづつ崩していくのが当面の目標。目途が付いたらまた考えましょう。
夕食はカレー。食べながら新選組!のDVD。とうとう今回買ったボックスセット(第1回から27回まで)をすべて見終えてしまった。芹沢鴨が暗殺され、壬生浪士組を新選組と改名し、長州の恐るべき革命計画を阻止する池田屋事件前夜まで。
この物語は140年くらい前の出来事なんだよ、と息子に教えると、「え?つい最近じゃん。」と驚いていた。そう、良い悪いは別としてたった140年前まで斬捨御免の世の中だったのよ。
さすがに小学校高学年になると140年という時間の長さを感覚として掴めるようになっているらしい。
三谷ドラマのファンだからか、息子も娘も熱心な新選組!のファンだ。
夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。作業が一段落してから明日搬出の愛書会展荷物を店に降ろす作業。深夜一人で力仕事也(^^;。20050316005125.jpg

2005-03-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事