Dランドへ行ってきました その2

なんとかFPを受け取った。11時前に取って実際に乗れるのは14:20過ぎから。それでも行列に並ぶ待ち時間が少しでも少なくなるならありがたい。安心してダンボへ移動。ファンタジーランドもものすごい人ごみだ。空は快晴で気分がよいのが救いか。
ちょうど女房たちが乗る3回くらい前だった。ダンボのあるファンタジーランドには昔ながらの遊園地然としたアトラクションが集まっている。その中でもダンボは1回で”消費”されるお客の数が少ないので列の割りに待ち時間が長い。乗って回り始めて、上に上ったと思ったらおしまい(^^;。早いなぁ。乗っている人たちはウチのようなお子様連れのご家族たちばかり。少し寄り目のダンボたち。ダンボっていったいどんな話だったんだっけか(^^;。
その後は娘の希望でアリスのティーパーティーで一回り。グルグルと回る。目も回る(^^;。「今日誕生日の○○ちゃーん、お誕生日おめでとうー!」と何回かアナウンス。
ろくな朝食を摂っていなかったので腹が減ってきた。レストランはどこも行列の入場待ち。待ちきれない子供たちを抱えて昼飯難民の我々4人はふらふらとクリッターカントリーへ。トンネルを抜けた先の日陰に一つ売店があり、ここでトルティーヤドッグとコーンスープを4人分買って食べた。どこも行列だったがここは目立たないのでいつもすいている。
食後の腹ごなしにカヌー探検。実は長いことDランドに来ていてカヌーには初めて乗った。行列もなくてすぐに順番が回ってくる。
船頭のお兄さんが丁寧にパドルの持ち方から教えてくれる。子供たちには子供用の小さいパドル。教えてもらったとおりに持つとうまく漕げた。船頭のお兄さんの掛け声に合わせて乗り合わせた人たちで「1!2!1!2!」とカヌーを漕いだ。前の方に座った女の子4人が張り切って声を出してくれるので気分も盛り上がる。普段は蒸気船マークトゥエイン号が進む分だけ人力で漕いで進むのは気分が良かった。
一回りして船着場へ戻ってきた。今まで乗ったことないなんてもったいなかったなぁ。前に座っていた4人の女の子のうちの一人が誕生日だということで、ここでも”誕生日セレモニー”船から下りる前に皆でハッピーバーステーの歌。お疲れ様でした。
子供たちが乗りたいという子供用のジェットコースターを目指してトゥーンタウンへ歩く。待ち時間は25分と適当。女房は次のFPを取りに行った。20050123144230.jpg

2005-01-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事