Dランドへ行ってきました その1

ここ数年訪れていなかった東京Dランドへ。
当初は日曜日の予定だったが、オヤジたちに予定が入り、急遽土曜日行きとなった。幸い天気予報は晴れ。朝早くから起き出して出かける準備に忙しい。仕事も半ば。気持ちも半ばのままクルマで出発。羽田から首都高に乗ると渋滞もなく出発から1時間ほどで到着した。駐車場にはどんどんクルマが入り、いずれいっぱいになるのだろう。正門まで歩く道。広く工事中。いずれ駐車場はその敷地を広げるのだろうか。
いつも真冬ならすいているだろう、という予想のもと、家族でDランドへ行くのはいつもこの時期だ。ところがゲートに辿り着いて驚いた。入場を待つ黒山の人だかりだった(^^;。こんなに待つのかい? ヤだなぁ。
チケット(4人で18400円)を買って再び並ぶ。ところがどうやら並んだ川が悪かったらしく、ここだけほとんどまったく列が進まない。端にはいいことなし。真ん中を堂々と通るのが良いようです。結局並びなおしたら直ぐに通過できた。この入場までの時間で40分ほどロスがあった。
入ってすぐに”プーさんのハニーハント”のFPを取りに行く。トゥモローランドを女房の先導でスタスタと歩く。あたりはものすごい人ごみ。渋谷駅のラッシュ時間よりひどい。なんで真冬なのにこんなに混んでいるのだろうか・・・(^^;。あちこちですでに行列があった。この行列は何の行列で、あの行列が何に並んでいるんだろう・・・。なんだかものすごいなぁ。真冬でこの調子じゃあGWとか夏休みなんてとてもじゃないけど入れないね。と思いつつ、なんとかハニーハントまで到着。果たしてFPを取る為の行列が延々と続いていた・・・。FPを取る為にまた行列か。まあこの人ごみだもの、致し方ないだろうな。女房は娘を連れて「ダンボにのりにいくー」のだそうな。ダンボ前で待ち合わせの約束。
息子と二人でFPを取る為の行列を歩く。そういえばこんなシチュエーションは息子と二人で幼稚園の遠足でここに来て以来だ。あの時女房が娘を出産した直後でとても遠足には行けないからと、ワタシと二人で来たのだった。幼稚園の付き添いで遠足に行ったのは後にも先にもあれっきりだ。もう6年前の話。あの頃から息子はなんとなく物静かなタイプだったが、今日もワタシが話しかけないと特に話をする様子もない。
内に秘めたる、ってのもいいけど、もう少し外に出したら良いと思うんだけどなぁ。20050123144320.jpg

2005-01-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事