横浜へ

快晴。土日だけ天気悪し。なんなんだ。
昨夜は戻ってから愛書会展の送り分を荷造り作業。日記まで書いたらやっぱり寝るのは深夜に(^^;。まあ仕方なし。ハウルの感想はもっと書いておきたかったが、仕事で疲れてしまってかなりの部分を割愛した。
ともあれ、これだけは書き留めておく。最近の映画は極端に走る傾向が顕著で、特に洋画の場合、ヒットする作品には決まって観客を”驚かせる”ような仕掛けが入っている。大人は楽しめるが子供には無理だ。
日本映画は最近泣ける映画でなければヒットしないという雰囲気になりかかっている。興行収入の多いものは大抵”泣ける”もの。だが、やはり子供にはちょっと難しそうだ。
アニメ映画はその点大人を唸らせるような作品も多いと聞く。どうせ子供向けだろ、と油断して実際に見てみると感動してしまった、なんて話も多い。ワタシは別にアニメじゃなければ映画は見ないという立場の人間ではないが、親子がそろって映画館に入って楽しめるコンテンツはアニメしか選択肢として思い浮かばない。
さらに言うなら、親子4人の入場料は決して安くない5600円。これだけのお金を掛けてまで劇場で見るなら宮崎アニメかな、と正直思う。他が悪いとは言わないが、今はDVDレンタルがあるからねぇ・・・。借りて見たら1本300円程度で見られる状況。この5000円以上の差額を埋めるだけの魅力ある作品となると自ずと限られてくるということだ。まあ、単純に好みの問題なのかもしれないが。
今日は横浜へ。3階の事務所に詰める。午後からは理事会で先週話足りなかったことをいくつか検討。終わってから春の良書市会と秋の大市会について事業部長さんと2人居残りで検討作業。
店に戻って昨日の続き。とにかく荷造り三昧。作っても作っても終わらない。いつもお買い上げありがとうございます。
夕食はおでん。食べ終わって再び荷造り作業。日付が変わりそうになり、日記を書き始める。
仕事はまだ全然終わりそうにない。20050118001913.jpg

2005-01-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事