明古へ

朝は7時半起き。今日は横浜へ。
いつものように10時前に神奈川古書会館着。今日は2月に出す予定の古書ニュース原稿でも書きましょうか。組合のノートPCを引っ張り出してきてWORDを開いた。書き始めたころに理事長がいらっしゃった。あれこれと話したあと、「今日あたりは特に大きな仕事もないから(明古に)いってらっしゃいよ。」と言われた。それなら、と11時前に古書会館を辞し、東横線に乗った。いつもなら京浜東北線に乗るところなのだが、店に落札品を持ち帰っておく用事があったため。
店に戻って神保町までの回数券を取り、再び東横線。車内では再び”モリヤマダイドーさん”の本。このモリヤマダイドーさんという言い方は著書の中で中平卓馬氏が森山氏に呼びかけるときに使う言い回し。森山氏自身がこう書きとめている。そういえば昨年長焦点ズームレンズを付けた一眼レフカメラを提げた中平氏と反町の路上ですれ違ったなぁ・・・。曲がった背中と帽子が印象的だった。
12時過ぎに東京古書会館着。そういえば今日から愛書会だ。入札会場でたまたまオヤジと遭遇。最終台に載っかっている辻まことの本の事で相談。よく入札会場では親父さんと息子さんが二代でひとつの本の入札価格を相談しているシーンに出くわすが、ウチは親子でも入札する本がまったく違うのでそういうことはほとんど無い。ちょっと高額品(ウチにとってはですが(^^;)になると少し重なることもたまにあるので、こういう機会を逃すと”相談”も出来ない。まあ、なんというか、あこがれ、のようなもの。
昼飯はすずらん通りでカツカレー。食べ終わってから食後の写真散歩。古書会館着は15時半過ぎ。開札作業はすっかり終わっていた(^^;。オヤジの買った荷物も含めて引き取り作業。最終台の辻まことは落札できていた。ちょうど地下で古書展開催中のため、その荷物と一緒に店に運送してもらおうとの魂胆。経費と手間が浮く。高額品は自分で持って帰ることにした。
途中渋谷でさっき撮影したモノクロフィルムをDPに出す。ついでに思うところあってきしめんタイプのLANケーブルを30m買った。
店に戻ってご注文メールに返信。いつもありがとうございます。夕食後、店から作業場までさっき買ってきたきしめんLANケーブルを這わせる作業。繋げてスイッチ・オン!やれやれ、無事繋がった。
これで無線LANの電波状態との格闘も終わった(^^)。20050115105957.jpg

2005-01-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事