今日は1日店

空は快晴なのに・・・。今日も特に予定なし。1日店で仕事。
年末・正月と特番続きでHDDには撮りためた番組がいっぱいあった。まだ全部見切れていないが、連ドラがもう始まっており、見ないうちにどうでもよくなっていくものもありそうだ(^^;。かわいそーに。
救命救急24時は第一シリーズからずっと見ているドラマ。最初研修医だった松嶋菜々子さんは今回ドクター役。第一シリーズの総集編も見たが、演技(というか役どころというか)がまったく違っていた。時の流れなのか、彼女の成長なのか。どちらも深く関係しているのだろうな。こんなところからも時間のしたたかさを感じることが出来る。
東京に直下型地震。起きる可能性は70%だという。発生するまで阪神は5%、新潟は0%といわれていたそうだ。だから絶対に起きる、という前提で話は進むが、新潟を0%(絶対起きない)としか判断できない現在の観測体制がはじき出した東京70%という数字を疑おうとはしないのだろうか。
アナタは1年後に死にます、と言われるとドキリとするが、アナタは100年後には生きていないですよ、と言われても、そんなのアタリマエじゃないか、と思う。
もう40に近いんだから健康診断に行ったほうがいい、といわれて心配になるのもなんとなく感覚としてそれに近い。問題なしと診断されて安心できるならまだしも、もし健康じゃないと診断されたとしたらどうするんだろう。次の日から飯も満足に喉を通らなくなる。知らなければしょげる事なく過ごせていただろうに、知った為に毎日が楽しくなくなる。寿命も縮む思いだ。
たぶん死ぬときは何をどうがんばっても死ぬ。病気や事故にあわなくたって結局は死ぬじゃないか。だったら普段から死ぬことを心配して生きるなんて勿体ない。毎日ちゃんと仕事をしてうまい飯を食ってぐっすりと眠りたい。
ドラマは巨大地震が発生して病院内が大混乱に陥った場面で第一回が終わった。
夕食の時に「男子新体操の旅」を見た。身体を限界まで動かす彼ら。複雑なタンブリングは極度の緊張を選手に強いる。その先に怪我が待っていたとしても、彼らはチームプレイと自らを磨く。生きているなぁ、と思った。
夕食後、今日は一度も店の外に出ていないことに気がつき、閉店後ちょっと外に出た。寒くてすぐに戻ってきてしまったが・・・(^^;。こんなことじゃイカンのだがなぁ。20050113014411.jpg

2005-01-12 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事