アクセス解析

朝は昨日の落札品を引き取りに古書会館へ。
結局は買った金額よりも売った金額の方が多かった。本はただ持っていても何も起こらない。動かしてこその商品。欲しければまた買えばいい。
綱島街道は下りよりも上りのほうが混んでいた。菊名の坂を下る。この風景は好きだ。今日から世間は三連休。まだ休み足りないの(^^;?
店に戻ってからは昼飯を食べて、発送荷物を造り、オークション出品作業。いつもお買い上げありがとうございます。
昨年末に無料という言葉に釣られてHPのアクセス解析を設置してみた。いろいろと興味深いデータが得られた。いや、だからどうしようという風にデータを使えるわけじゃないので知ったところで何も起こらないのだけど・・・(^^;。
まず、使われているプロバイダはY!社がかなりの割合で、N社が続く。サーチエンジンも実はY!社経由が圧倒的に多くて全体の7割。G社のシェアは2割と意外に少なかった。まあG社のエンジンはいろいろなサイトで使われているから実質はもっと高いのかもしれないけど。
訪れてくださるお客様は東京在住の方が全体の45%で他県を大きく引き離していて、アメリカはもちろん、遠くサウジアラビア、ポーランドからのアクセスも頂いていることがわかった(ビックリ)。
サーチエンジンで検索に掛けられる言葉は「甘露書房」もしくは「甘露」で8割。最初からウチの名前をご存知の方が検索して下さっているということがわかる。ありがたい。他にその時その時で在庫している本がキーワード検索に掛けられている。「アッジェ」「ビアズレー」「ピーター・ビアード」など。中には明らかに甘露日記の文言がサーチワードになっているものもあった。「しゃぶしゃぶ」って言葉ね(^^;。
知らないうちにいろいろな方からリンクを張って頂いていることが”リンク元URL解析”の結果からわかった。どうもありがとうございます。こんなワタシ一個人の造ったサイトがいろいろな方から見てもらえるのも時代ってことでしょうか。ネットの発達していく先にはどんな社会が待っているンでしょうねぇ・・・(^^;。
意外と変わらない気もするけど、それは毎日少しづつ変わっているから気が付かないだけで、たとえば10年前と今とでは世の中の構造そのものが変化してしまっている。いまやその存在がごくアタリマエになったネットも、10年前までは一部最先端の人たちしか使えないツールだった。
10年一昔。されど10年なんてあっという間だ・・・。20050109232820.jpg

2005-01-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事