墨東散策

隅田川七福神7番目の多聞寺へ寄る。茅葺の門が印象的。毘沙門天。映画人の墓碑というのがあった。
細い路地のような道をクネクネと進むと、梯子乗りしてきた鳶の方々に出くわす。墨堤通りに出たが、大通りを歩くよりは、と水神大橋手前で左に曲がり、まるで壁のように連々と繋がって建つ都営アパート横の公園を歩いた。この建物は防火壁の役割も果たしているのだろうか。遊具を見つけると喜び勇んで走っていく子供たち。やっぱりこういうものの方がまだ楽しいみたいだ(そりゃそうか)。
隅田川神社の前あたりでベンチに座り、少し休みながら女房がガイドブックを広げた。「長命寺桜もちってあるよ。食べに行こうよ」と言い出した。ちょうど道半ばでちょっと疲れ始めていたこともあり、なんとなく歩く目標ができて良かった。初めて見る白鬚橋を写真に撮ってから再び墨堤通りをひたすら南へ歩く。子育て地蔵を過ぎたあたりに向島花街入り口の看板。右手には言問団子。通りに入っていくと長命寺があった。ここも隅田川七福神のひとつ。ところが肝心の桜もちがない。はてどこかしら?と出てから電柱からぶら下がっている広告看板を見ると、寺の真裏川側とわかった。あ、あったあった。果たして中に入り6個入り1200円を買って出る。桜の葉がひとつのもちに3枚。最初は剥かずに食べてみるとちょっと多い(^^;。葉を剥いてみると薄い皮に漉し餡がくるんと包まれている。食べ終わるとカラの函は桜の葉っぱだらけになった。うまかったなぁ。
元気が出た。ちょうど桜橋のたもと。南西空には夕焼け。さっき見た白鬚橋は彼方に小さく見えた。結構歩いたな。首都高向島線に沿って川沿いの道を歩く。言問橋をくぐるともう東武線の橋が近い。どうやら無事に歩ききったな(^^)。枕橋を渡った。
「きんいろの○○○」のあるビール屋さんで夕食を食べることにする。ここは出来てから今年で10年なので全面改装するという。営業は1月10日まで。ぎりぎりセーフで滑り込み。コーヒー豆を焙煎して造ったという黒ビール(135mlで100円!)や、いつも定番のリバーピアを飲んだ。うまいねぇ(^^)。来年来たときにはまた違った店になっているらしいので楽しみだ。
店を出る頃にはすっかり暗くなっていた。銀座線、東横線と乗って帰ってきた。正月に撮っておいたトリビアを見る。
いよいよ明日から店も営業開始。今年もよろしくお願いします。20050109234256.jpg

2005-01-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事