今日でおしまい。

甘露書房の年内店舗営業は今日まで。

1年間を交代で休むため、年末年始以外は店舗年中無休を通している。
ところが、今年ほど年中無休にする意味が薄れた1年は無かった、というのが率直な感想だ。
本屋だけが例外ではなく、どこの商店街を見ても店舗営業だけで売り上げをあげているところは大変な状況という。近年新丸子も商店街のど真ん中にマンションが立ち上がったりして、店舗ではその土地の価値を消化しきれない事情が明確な形で読み取れる。商売は大型化しての囲い込み、というのがここ数年の流れとなっている。駅前のスーパーは大型化し、その周辺のスーパーは安売りで対抗する。
ウン十年の経験、とか、そういう職人的な知識も役に立ちにくい。ただ機械的に本部から送られてくる仕事を淡々とこなす。という仕事が増え続けている気がする。なんというか、仕事に情熱を傾けにくい世の中になってきた。
ニュースを聞いたり新聞を読んでいると、若い人の就業率が良くないらしい。がんばって勉強してきたのにやりたい仕事がない、そんな事情も読み取れる気がする。

また暗い話題になってしまった(^^;。

下痢は続いていて今日も治っていないものの、のべつ幕無し腹痛しているわけじゃないので仕事に支障は出ていない。女房も掃除の合間に本の入力作業を精力的にこなしてくれている。
下痢だからおかゆかなにかにすればすぐ治るかしら・・・。そう思いながらも夕食のチャーハンをぱくついた(^^;。これじゃあ治らないか。

もう店を開けていても仕方ないということで、19時には閉店。ワタシは夕食後、この間から懸案になっていた店の床のワックス剥離作業に取り掛かった。渋谷で買ってきた剥離剤を説明どおり1リットルに対して80ml入れて混ぜる。少し白濁して粘り気のでた溶液を床のまだらに禿げかかったところに垂らした。しばらく置いてからごしごしと擦る。ううむ、何となく薄くなっていくようだけど、随分と分厚いなぁ。15分も同じ場所を擦り続けたが埒が明かずあきらめることにした(^^;。こんなかんじでは明日の朝までかかっても全部終わらない。

自宅でのんびりしているオヤジに電話し、中止の了解を取ってからついでの床磨き。せっかくきれいにしたんだから、とまたついでにワックスがけ(^^;。結局明日やる予定だった仕事を終わらせてしまった。いいペースだ。

明日はガラス磨きでおしまい。

2003-12-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事