市場へ

朝から仕事まみれ(^^;。

昨深夜の仕事ですでにご入金を多数頂いていた。目録からのご注文品でまだ手付かずのものもあったりして、この時点でもうかなり仕事に追いかけられていた。
荷造り荷造り荷造り。今週はずっとその作業が続いた。でも不思議と飽きない作業だ。もともとこういうコツコツと黙々と出来る仕事は好きだった。あんまり詰まってくるとわぁーっと身体を動かしたくなるけれど、今週は1日中荷造りの日ばっかりだったが退屈したということはない。

仕事に切れ目がない。それでも、今日は市場へ行くつもりだった。午前中からペースを上げるワタシの様子を見て、「何がそんなに強迫観念を持たせるのかねぇ」とオヤジに言われ、「身体こわしたら元も子もないよ」と母親に言われる(^^;。そんなにスゴイ顔をしてましたかね・・・。そうは言っても売れる時に売っておかないと、ネ。

12時過ぎに出かけ、13時には市場到着。サッと入札してから先週買った荷物の清算。で、すぐに古書会館を出る。すずらん通り脇の天丼屋で天丼。久しぶり。外は雨が降り始めていた。また雨か。

途中渋谷でこの間横浜で撮ったフィルムを現像に出す。代わりに先週出しておいたプリントを回収。江ノ島が写っていた。空はどんよりと曇っていたけど、展望台の上での子供たちの表情は明るい。写真を見ていつも思うこと。この瞬間は二度とこない。ありふれているようでいて、次に来た時撮っても絶対に同じ印象にならない写真になる。
まして子供たちの写真ならなおさらだ。いつ撮ってもいいや、と撮らないうちにすぐ大きくなる。一時も彼らは立ち止まらない。
土門拳は「仏像は走っている」と書いた。我々にはじっとして動かないように見える仏像も、氏にとってみれば”走る”と形容するほど刻々と表情を変化させていったのかもしれない。

店に戻ってからは再び荷造り三昧。17時までに今日ご入金分はすべて発送する。郵便局にはウチが差し出した荷物が山のように積み上がっていた。

夕食は鶏肉のトマト煮と魚介のスープ。女房の得意料理だ。牛肉も美味いとは思うけど、普段食べるにはクセがありすぎる気がする。女房は鶏肉好き。ワタシは肉なら豚肉が好きだ。
でも、前よりも肉好きじゃなくなってきた気がする。魚のさっぱりした感じが好もしくなってきた。

だんだん名実ともにオジサン化してきたかな(^^;?

2003-12-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事