1日店

確か今日は資料会の大市・・・。

でも店の在庫の様子や、仕事の進捗状況を考えると行くわけにはいかないなぁ、という結論に達した(^^;。今日も1日店で仕事である。

昨日のよく晴れた日、オヤジたちは鎌倉の天園ハイキングコースを歩いたそうな。紅葉がきれいだったでしょ? ハイキングする前に北鎌倉駅前にある有名な和食店に入り、昼飯を堪能したそうだ。「なんたってお野菜の煮物がおいしかったのよ」と母親。話を聞いているだけで食べたくなってきた。さすが文人の街鎌倉だけに、店員さんの応対にも気が配られていると絶賛。そうかぁ。今度行ってみようかな。

昨日に引き続き、甘露通信からのご注文とオークションでのご入金分の発送荷物が積み上がり、こつこつと荷造り作業。女房が本の入力用にPCを使うので時間の配分が難しい。ウチの作業場は狭いので、女房には住居のダイニングで作業をしてもらっている。無線LANの電波が届かず、結局2台PCがあってもうまく使いきれていない状況(^^;。データベースへの入力もメール受信も1台のPCに集約して、これを見れば全部わかる状態にしているため。再構築の余地有。

郵便局では入り口に一人女性が立ち、しきりにキャッシュカードをクレジットカード共用に切り替えを勧めていた。ワタシはすでに切り替え済みだから素通り。でも、たとえばウチのオヤジのように、郵便局にも銀行にも行ったことがないような人にとって、カードにクレジット機能という付加価値をつけると、かえってリスクが生じてしまう気がする。郵便局にはお年寄りのお客さんが多く、そういう方にとってはATMもわけがわからないという意味で脅威となるのではないだろうか。
数年前、政府は金融大国になる、というスローガンを掲げていた。ペイオフに備えて銀行のより分けも始めた。随分急にいろいろといじるなぁ、という印象がある。
金融機関でも、スーパーでも、レンタルビデオ店でも、コンビニでも、はては街頭でもクレジットカードの入会を勧められる。いままで銀行の引き落としだったものが「会社の都合で」という理由で新たにクレジットカードを作らされたこともある。
これが金融大国ってことなの???とハテナが3つ。結局は限られてきた資金をいろいろ迂回させて利益を生み出そうというからくりではないのかしら。

そんなことよりもまずやるべきことはあるんじゃないの?とまたハテナ(^^;。

2003-12-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事