多摩川

昨夜、日記を書いた後、ビデオ屋の店内を徘徊。

平井堅と一青窈のCDを手に取り、あと何か見たいものがないか、とウロウロしているうちにタイタニックとグランブルーに手が伸びた。なんでかな。そういう気分だったのかもしれない。
24時頃からタイタニックを見始めてしまい、終わったのは27時(^^;。早く寝りゃあいいのに・・・ネ。

朝起きて9時。隣の自然食品のお店で買ったというパンを食べてから、息子のたっての希望で多摩川散歩へ。グローブとボール、サッカーボールも一緒に持って出る。娘は自転車に乗りたいらしい。息子用に前買った自転車を引きながら丸子橋を登って河川敷に入る。
あいかわらず駐車場は満車で入り待ちがズラッと並んでいる(^^;。至る所から白煙が立ち昇っている。バーベキュー場と化しているわけだ。

せっかく季節が良くなったので、ウチも野外でカップラーメンくらい食べようか、ということになり、キャンプ用のコンロ持参である。すぐに湯が沸き、3個のカップ麺。旨いうまいと4人であっという間に食べつくす。
横を草野球チームに草サッカーチームが通り、サイクリングコースではバイクが行き交う。自転車って最近はカッコいいのが多いなぁ。ママチャリにしか乗ったことのないワタシ(^^;。娘は補助輪付ながら自転車を慎重に慎重に転がしている。方向転換がまだ苦手と見える。
食後はサッカーにキャッチボール。1時間ほどして息子の「疲れた」で終了。

散歩がてら河原へ出るとバーベキュー場になっていた。堰堤にルアーを投げ入れる少年釣師。いや、よく見るといい歳した人も結構いらっしゃる。この時間にバス用ルアーを投げても釣れないんじゃないの・・・?(ニゴイが釣れるらしい)
滝のように流れ込む急流を登ろうとしている魚がいっぱい水面を跳ねていた。稚鮎だろうか。時折アジサシと思われる鳥が垂直に落ちてきて小魚を咥えていく。蓄えることを知らない彼ら。養う自然。暑くもなく寒くもない。いい季節になった。ワタシは圧倒的に春が一番好きだ。すべてが萌え出る春。

商店街はイベント開催中。ものすごい人でごった返していた。一旦店に戻り、近くの洋食屋さんで夕食。ボリュームたっぷりだったが、一人も残さず食べきる。

19時からイベントの片付けを手伝う。会場のテントを畳み、道に張られた横断幕の撤去作業など。1時間ほどで開放される。

20時過ぎより仕事を始める。

2003-04-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事