なんだかんだと


朝6時半起き。

なぜ(^^;?実は昨日の市会でたくさんの落札があったとケータイにTELをしてくれた親切な人がいらっしゃったからだ。どうもありがとうございます。
で、PCを開くとつい仕事をしてしまい、時計はいつの間にか7時半(^^;。朝飯はコンビニでサンドイッチを買い込み、クルマの中で食べることにした。その判断は正解で、朝の中原街道は荏原まで渋滞していた。
昨夜遅く雨が降ったらしく、路面は濡れており、朝の風が少し湿り気を帯びてなんだかすがすがしい空気が通る。朝日のまぶしい皇居前の内堀通りを快走しながらそう思った。

9時頃に古書会館到着。えーと、荷物はどこだ?と探すとカーゴに半分ほどの量がうまく畳み込まれていた。なかなか積み方もうまいですねぇ。引き取って帰路につく。道中はおとといからの続きでコンサート演奏用デモテープ。1曲どうしても叩けないのがあって、重点的に繰り返し繰り返し聞き込んだ。そんなこんなしているうちに丸子橋へ至る坂道に差し掛かる。多摩川越しに見える富士山は真っ白に輝いていた。ここから見る風景は好きだ。ウチに帰ってきた気持ちになれるから。

10時に店に戻り、本を降ろして発送荷物を積み込み、駐車場の帰り道に郵便局から発送。やれ、一段落。・・・でもないな。レジ周りの根雪はますますその量を増やしてしまった。友を呼ぶのだろうか。ぐずぐずしちゃいられない。開店して早速本の整理開始。

11時過ぎに甘露旬報の更新作業を終え、アップ。昼飯は近所のパン屋さんの焼きたてパン。お正月のお年玉クーポンとやらで100円引きしてくれたそうな。コロッケの餡がトマトソースのグラタン状になっていてまろくて美味かった。

午後はいっぱい本の整理と入力。いかんせん入力してくれる人間がワタシ一人では限界がある。ああ、早く女房に手伝ってもらえないかしら・・・。

午後はご来店のお客様はほとんどいらっしゃらず。閉店後、今週末に迫った愛書会展の荷物降ろし作業。重労働である。

2003-01-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事