一日店


朝は曇り。

開店前にご入金いただいた荷物を郵便局へ。昨日に引き続き大変な量。お買い上げありがとうございます!どうかどうか、この調子をいつまでも・・・。

開店してメールチェックなどなど。極たまにご注文をいただきながらメールをお返しするのを忘れてしまう事があるもので(^^;。人間ですからミスはします。でも問題はその後の対応です。

昼飯は昨日のカレーの残りをカレーうどんに。店にカレーの香りが漂う。1日経ったカレーはどうしておいしくなっているのでしょう・・・?

午後になってお客様がポツポツとご来店され、店の売り上げはまずまずの金額。ありがとうございます。その間、ずっと通路の妨げになっている本の整理を続けた。すでに去年の11月からこの場所にあるものも(^^;。根が生えたように動かない。決してサボっているわけじゃないんだけど、食品を扱う業界では常識の”先入れ先出しの原則”ってのはこの業界には馴染まないようでして・・・。

そんなこんなで、一日入力作業。少しはデータが増えてくれたのだろうか。先月飛んでしまったデータの数まで復旧するにはまだまだ足りないみたいだ。

途中、ネット銀行に入金があり、女房に店番をお願いして荷造り発送作業。その間、店番をしながら女房は甘露日記を読みふけっていた。
実は女房もこの日記の熱心な読者(^^;で、というよりも、実際の登場人物なわけだから無関心ではいられないのだろう。プライバシーに関しては気をつけてますから、肝心な部分は書いていませんよ(^^)。
「随分読んでなかったみたい」見てみると日記のカレンダーは12月1日だった。先月はPCの不調でそれどころじゃなかったからなぁ・・・(^^;。

夕食は七草粥。ちゃんとお米を土鍋で炊いてお餅を入れてくれた。うーん、うまいねぇ!「安かった」というホッケの開きが添えてある。こういうシンプルな献立は最近好きだ。例の”うまい”海苔を焼いてもらってあっという間に食べ終わる。「お粥って消化がいいからすぐにお腹減るかもよ」と女房。いえいえ、正月の間はずっとゼータクな食事だったからこれくらいで済ませる夕食があっていいんですよ。
もともと七草粥ってのはそういう意味があるらしいから。

意外に腹がふくれて満足。その後は仕事仕事仕事也。

2003-01-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事