大市も二日目


昨日よりも少し早く会場入り。

明古経営員約一名、遅刻・・・(^^;。開札時間には何とか間に合う。仕事に間に合ったから良いんじゃなくて、決められた時間に来るのが当たり前。気をつけてね。

大市会は昨年まで開札作業をバイトさんが担当していた。それは開札の公平性を保つ為と理解していた。我々明古経営員は、当時何回か開札以外の仕事でこの大市会に関わらせていただいた事があった。大変な金額の取引が続行中の真剣勝負の場に、バイトさんの高笑いが会場内に響き渡ることが何度も繰り返された(^^;。
そばにいた我々は気が気じゃない。「ウルサイっ」と会場に訪れたご同業さんに一喝されることもしばしば。それでも騒ぐのをやめないバイトさんたち。ついにご同業さんの怒りは”たまたまそばにいる”我々に向かうことになる(^^;。

そんな光景は今年から過去のものとなった。静かで仕事が確実な我々の仕事は大変好印象だったと伺った。事故の発生も防げた。ホッとした。

最終発声終了後、会場の整理を経営員もお手伝い。予定時間より1時間も早く予定されていた作業は消化された。

御茶ノ水駅近くでの打ち上げ会にご招待いただき、明古の経営員は全員お邪魔することになった。二日間とはいえ、仕事をご一緒させていただいた方々とお酒の飲むのはとても楽しい。どうもご馳走様でした。

ビールがおいしくて何度もおかわりをしてしまった。飲みすぎ(^^;。

2002-11-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事