400箱

朝は6時起き。メールチェックしてお返事を書いたりしているうちに出発時間が迫った。

朝から雨。竹橋駅到着は先週と同じ時間。8時半に会場が開いたら経営員は真っ先に残置品の整理にあたる。400箱の作業が途中で、他にカーゴ8台の要仕分け荷。昨日からの続きの仕分けをしていたら、今日始める8台を広げる場所が確保できない。普段当たり前のように残置品置き場になっている会場の一角にも手を付け、ことごとく残置品を控え室に直置きでぶち込んだ。

12時までに作業のすべてを終了させる義務が我々にはある。昨日の荷物のことなど、正直構っちゃ居られない。それほど切羽詰っていた。

まずは昨日大筋を付けた仕分け方法を継続することにした。「揃い物は揃える」「ジャンルで分ける」。このふたつは昨日のうちに荷主の方に了承を頂いている方法。今日はそれにもうひとつ「色と判形で分けて積み上げる」を付け加えた。これは実際随分乱暴な考え方なのだが、昨日までで全量の1/3も分けられなかった以上、現在の作業人数と荷物の状況を考えてこうするより終わらせる方法は無かった。

しかし、仕分け作業をこれだけ単純化したにもかかわらず、仕事は片付かない。どうしても思っていた以上に時間がかかってしまう。12時を過ぎても未だ縛られていない本が各所に山積していた。開場時間を30分繰り下げさせてもらい、やっと荷撒きしてやっと掃除を終えたらきっかり12時半。大汗をかいた(^^;。

運悪く、食事係の経営員が忙しい中を発注してくれていた弁当が予定より1時間も遅れた。弁当は頼んでおいた時間に到着して初めて弁当と言える。10時過ぎに頼んで配達時間の12時を1時間も遅れるような店は弁当屋とは言えない。お仕事を手伝って頂いた方々への配膳が遅れてしまい、恐縮の極み。

開札から後は量は多いものの、なんとか順調に作業は推移した。事故もなく、大変な量の地方荷発送作業も、会場の掃除・整理も滞りなく終了し、長い2日間の仕事は無事終了となった。

仕事のあと、すずらん通りにあるお店で事業部の方に経営員はお食事をご馳走になる。ご馳走様でした。疲れていたのでそのまま半蔵門線に。

店に帰り着いたのは23時過ぎ。クタクタだったけど、それから仕事。結局2時まで(^^;。

2002-10-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事