前日荷受

朝は少し早起きして、昨日仕分けを終えた本を市場へ出品しに行く。

横浜反町までは綱島街道ほぼ一本道。途中綱島と菊名近辺で多少渋滞するものの、おおむね流れて所要時間は40分ほど。
出品をさせて頂き、帰りの上りは綱島街道を使わず。下りとは比べ物にならないくらい常に渋滞しているためだ。国道一号で帰ってくる。丁度お昼少し前。

昼飯後、ご入金頂いた分の荷造り・発送。いつもありがとうございます。少し落ち着いてから、本の整理を始める。なかなか進まず・・・(^^;。

15時過ぎにお茶。16時前に竹橋へ出発。今日も400箱分の荷物が明古宛に届いているという。気合を入れなきゃ。
実は一新会さんも今日は400箱の一口が入っていた様子。残置品の整理を手伝って頂きました。お疲れのところ、助かりました。ありがとうございました。古書業界も実りの秋本番、というところでしょうか。連日の大口入荷で市場は盛り上がっている。

さて、明古の400箱。開梱して本を並べるとその本の持つ重力と引力はものすごかった(^^;。「どう切ってもなる」とはいうものの、それは本に甘えた切り方だ。いい素材ほどいい包丁を要求するようなもので、ちゃんとした仕分けをしなければ逆に申し訳ないことになる。その切れ味鋭い包丁を持ったエキスパートな方による仕分けが切に望まれた。

作業は完結するわけも無く、20時に中断。明日の午前中に再開される。

作業終了後、近くのお店でご馳走になる。ありがとうございました。
店に戻ってから仕事。就寝は日付の変わった1時(^^;。

2002-10-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事