金曜、明古。

立ち上がりからなかなかの量。

封筒がついているものの、すでにカーゴ10台ほど荷物があった。他に要仕分け荷がカーゴ3台。大市で少しあいたから持込荷も増えてくることが予想された。

仕分けは主に幹事さんにやってもらい、経営員は封筒の付いている荷の付け合せと荷撒き。思ったとおり、続々と持ち込み荷が追加される。多くはないものの、要仕分けの持ち込み荷もあった。

それでもエレベーター前に2列展示台を追加して並べ終わったのは12時少し前。時間内に収まった。総点数は1000点強。いいかんじ。

通常市会だったが、関西方面からも入札にいらっしゃったご同業の皆さまも有り、1週間あいたこともあるのか、いい品物ほど高値で取引されていたようだった。昭和初期に発行された雑誌の一口ものが目を引いた。

開札終了後は経営員で近くの居酒屋へ。二次会は遠慮し、帰ってから仕事。

2002-10-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事