その言葉です!

「言葉は心を超えない」なんて言う人がいた。

そうだよなぁ、と思う。言いたいことを初めから100%言える人なんて、世の中広しといえど、そー沢山は居ませんよ。心に思っていても普段は言わない。それが普通。何の屈託もなく言いたいことを初めからすべて言える人は、きっと組織に属さなくても生きていける人なのだろう。なんて思う。

何を言ってんだ、甘露は。ワケわかんねーぞ。そう思う人は思ってくれていいデス。今日はね、そういう日だったんですよ。言葉が心を超える時もある。実感できてウレシイんです。涙です。

事実は角度を変えてみると違った形に見える。上から見た図。下から覗いた図。横から見てみた図。みんな形が違う形、の筈。答えは一つでは決して無い。それでアタリマエだ。全く違った価値観から一つのコトを捉え直す気持ちを持ってみることだ。
それを受け入れるか受け入れないかは自分で判断する責任はある。社会人ですからね。今自分が立っている場所を踏みしめる覚悟が要る。実はその覚悟は思いのほか重かったりする。でも、その重さを自覚しつつ「軽いよ、そんなもん」と言ってしまえる勇気も求められている。知らず知らずのうちに・・・ネ(^^;。そのプレッシャー・・・、やっぱ重い・・・(^^;。

再び、何を言ってんだ、甘露は。ワケわかんねーぞ。という方もいらっしゃるでしょう(^^;。スイマセン。この日記、実は極めて私的な存在でして、公共性なんて全く無視した記述になる場合がありますので、ご容赦を(^^;。(え?普段から無視してるって?スイマセンね。)

こんなワケわかんないこと認めたくない人は読み飛ばして頂いていいです。でもワタシは感じてみたい。今の感覚を・・・。

言葉は心を表すこともあるんだ、ということを。

今日はここまでっス。

P.S.「今日の午前中は良かった!」誰が何と言おうがこれだけは書いておきたい。

2002-06-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事