夏の予約

ふと振り返れば、あれこれといろいろな事を詰め込んだホームページになってしまっている。
「本屋は本を売っていればよろしい」とお叱りを受けそうである。でも仕方ないナ。だってやりたいんだもん・・・(^^;。

昨日の看板工事の請求が来た。なるほどという金額。早速支払いに行く。
いつものようにご注文メールにお返事を差し上げ、ご入金頂いた分の荷造りをする。先日来、○井○友銀行のインターネット取引を始め、ご注文頂いたメールへのご案内に書き添えたところ、やはりポツポツご入金いただいている。最近は銀行のATMがコンビニに設置された為、銀行振り込みの方が便利な方が増えているのだろう。コンビニが重要なインフラとして地域に果たす役割が日に日に増している。コンビニがなければ我々はもはや生きていけない身体になってしまったのだ(^^;。

その昔、コンビニ草創期は、朝早くから夜遅くまで店が開いていることが存在理由だった。「開いててよかった」のCMはまだ頭に残っている。その要素は24時間営業になってこれ以上ないところまで来てしまったけど、公共料金の払い込みに始まって、チケット予約やゲームの販売。銀行のATMが入ったり、と、あらゆる機能を吸い込んでしまった。
この新丸子駅前は5軒もスーパーがひしめく激戦区にもかかわらず、コンビニも駅周辺に10軒以上ある(^^;。これだけのスーパー・コンビニを養えるほど人口が激増しているという証拠。

市場の帰りに近くの旅行会社で夏休みの予約を済ませた。山梨の石和温泉である。近くで鵜飼いの実演があったり、連日花火が上がるなど、観光客集めに頑張っている場所のようだ。ぶどう狩りはもちろん、産地だけにワイナリーも楽しみ(^^)。宿からタクシーで乗り付けてべろべろになるまで試飲したろーか!
メーワクなヤツ・・・(^^;。

直った看板を点灯。ご近所の方が皆口々に「明るいねぇー!」と言ってくれる。明るすぎるかもなぁ。便所の100W電球のような・・・。無駄な明るさ。

2002-05-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事