愛書会搬入の日

今日は明日から開催される東京愛書会古書展の搬入日。

昨日のうちに運送屋さんに荷物を預けてあるので、今日は集合時間に教育会館へ行けばすぐに並べ始められる事になっている。

市場をお休みし、買いためた荷物を順次整理していくことにした。とにかく自分で買った荷物は自分ですべてやらなければならないからねぇ(^^;。買うだけ買って「あとやっておいて」なんて誰かに言いたいところだけど、それを言う相手が居ないわけだ(^^;。仕入れから整理。販売から発送まで。全部自分でやる。これがキヤノンを世界企業に押し上げたといわれる”セル生産”方式。数が売れなくなった現代にはピッタリの方法、のはず(^^;。
・・・キヤノンが伸びてウチが伸びない理由は当然品揃えに問題があるのだろうなぁ。

で、オヤジと一緒に地下鉄に乗り、神保町駅へ。専大前交差点から教育会館。17時過ぎに到着。これから搬入する会場はまだ会議をしている最中らしい。皆さんロビーの椅子に座っている。ただひたすら待たされる。ガラス張りの入り口ごしにボーっと外を眺めていると、近くの女子高の生徒が帰り道を歩いていた。そういえば皆普通のカッコをしてるなァ。髪をゴムでまとめたり、ミツアミにしたり。普通のまっとうな女子高生ばかりだった。少し安心した。やはりシブヤのジョシコーセーが普通じゃないのだ。普通でないのを見過ぎていたようだ(^^;。

搬入が終り、交差点角の天ぷら屋で夕食。今日はえびアナゴ丼に冷奴、グラスビール也。

2002-05-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事