ワタシのGW

今日は公休日。

朝は早起きして5時には雄蛇ヶ池で釣り糸を垂れていた。毎年のことだが、5月にバスは釣れない。わかっていながらもシーズンに入ったことで行かずにはいられない。
だが、やっぱり釣れなかった。周りには老若男女沢山のバサーがいらしたが、一人として釣れている人を見ることもなかった。5月は産卵がからんで釣れんのです(^^;。強風と低温の二重苦。

9時過ぎに女房の実家へ到着。朝飯がまだだったようで、自家製のとろろご飯をご馳走になる。うまいねぇ(^^)。食後しばらくして女房・子供たちを回収して出発。館山道の姉崎ICそばにあるらしい「東京ドイツ村」を目指す。普段から姉崎ICを南下して亀山へ行くのだが、それらしい看板なんてあったっけ(^^;?少しドキドキしながらあたりをキョロキョロと見回しつつクルマを転がす。
あったあった。久留里街道から1kmくらい内陸へ進んだところ。近い近い。ホームページにあった半額券を使って入場。園内はクルマで自由に移動できる。自動車通路の両側がずっと駐車スペースになっていて、何処でも停められる。なるほどね。芝生の山を登って駆け下りる。こういう遊びって子供たちは好きだねぇ。

ただ、ドイツ村といいながら、園内でドイツを感じられるのは、取って付けた様な”ドイツ風”の建物数棟ていどという手抜き具合(^^;。あとはドイツというよりも限りなく千葉な風景が広がっている。それは観覧車に乗ってみればよりハッキリする。広大な敷地のすぐ横には、これまた広大な農地と手付かずの山林が広がっており、あくまでも千葉ドイツなのだ。

けなすばっかりじゃなんだから、昼飯のバーベキューの時に一緒に食べたドイツパンが非常においしかったと褒めておく。バーベキューにはドイツソーセージ、茜鳥、上カルビと野菜などが入っていて、あわせて4人で5,000円ほど。うまいうまいとすべて平らげた。

面白自転車コーナーは人気で、子守がてら一緒に入るとこれがなかなか面白く、息子が乗れる自転車にうまく乗れないと悔しくなり、ついムキになってしまった。15分間一生懸命自転車をこぎっぱなしでいささか疲れた(^^;。
帰りに女房がお土産にもドイツパンが欲しいというので、バームクーヘンと一緒に買い、帰路につく。道はガラガラ。途中うみほたるで昼寝させてもらい、安全運転で帰宅。

晩飯は近所にあるガスト。ワタシのGWは終わった。

2002-05-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事