荷造り

昨日から一生懸命やっている荷造り作業が終わらない。

もちろん、昨日は店番の合間を縫ってやっていたから当然なのだが、今日はご注文の追加がガバっと入り、インターネット前金分が9件入ったので、作業場は大混乱。狭い空間。所狭しと並ぶ本の山。まだ品物が積み上がっているというのにさらに追加されるから、いったいどこから手をつけようか、という感じだ。
市場は当然のことながら休んだ。

先にインターネット前金、そしてご注文品の比較的数の少ないものから始めていく。最初に大物をやらないのは、他のと混ざってさらに混乱するのを防ぐ為。とにかく作業場所が狭いのよ(^^;。
できたものから郵便局へ持っていく。そしてまた作る。また出す。この繰り返し。何回郵便局を往復しただろうなぁ。

いよいよ大物に取り掛かったのは15時を過ぎたころ。10点ご注文が3件のあとに35点ご注文というのが控えている・・・!。お一人での最高記録。これが入る箱あるかなぁ?

伝票はすべてパソコンで打ち出しているのだが、ウチの値札と伝票と現品を付け合せしているうちに結構時間をとられていることに気が付いた。以前この作業をいいかげんにやってしまい、伝票にはついているにもかかわらず品物を入れなかった事故が発生してしまった(^^;。こういう恥ずかしいことをすると大口ほど慎重になる。とにかく伝票と現品は確実に合わせなければ。

っと、言っているそばから最大の35点ご注文の方の品物が合わない。伝票についている品物を一点づつチェックしていく。・・・・あ。これが入ってない・・・。検品してよかったぁ。品物はまだ崩していない山の下から出て来た。どこかで混ざったようだ。

で、時計を見ると、すでに17時すこし前。あちゃあ、間に合わなかった。明日一番で発送しなければ。

それからしばらくはクリスマス大市作業予定表の見直し。今度の金曜日は先週出来なかった経営員の最終打ち合わせをするのだ。それまでに基本ラインは仕上げておかなければならない。
目下の要検討課題は、古書会館と什器が違う為、本をどう陳列するかという問題なのだけど、意外にその場でうまく当てはまったりするのではないだろうか。なんといっても会場が広いからね。他会大市が完全ワンフロアで出来たくらいだから、きっと何とかなる・・・はず。

にしても、いよいよだなぁ。

2001-12-12 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事