夕刊から

昨日が大市だったため、今日まで通常市会は休会。明日は明古がある。

オヤジは古くからのお客様まで朝から仕入れに出掛けた。まあ、朝から雨だし、市場もないのでスロースタートだ。引き続き本の整理をしながら目録発送用封筒の製作。住所録をラベルで打ち出し、切手を貼り付ける。一度受け持ち郵便局の外商係が3人店に来て、料金別納郵便で出してくれないかと頼みに来たことがあった。ウチはポストに投函する。目録は少し厚みがあって機械を通らないらしいから、消印をいちいち押すのが面倒なのだろう。
しかし、丁重にお断りした。記念切手を販売する郵便局がそういうことを言ってはイケマセンよ。

夕刊では、今やインターネット界を代表する作家M.R.氏が、自ら編集長を務めるメールマガジンについて語っていた。日本経済が斜陽化し、ここ10年で崩壊の道を辿っていることを自分なりに考えてみたいと思ったのがキッカケとか。各界の専門家に意見を伺い、その成果を発表する手段として無料のメルマガを使ったという。現在の発行部数は10万。スゴイ。
広告を入れても、購読を無料にしているから収支はトントン。だが、やりがいのある仕事として続けていきたいと語っていらっしゃる。”ほぼ日”の編集長もクリエイターとして同じようなことを本に書いていらっしゃったなぁ。やりたいことと儲かることは必ずしも一致しないようだ。

夕方になってもオヤジは仕入れから戻らない。実はそのあともう一件ワタシが出向く仕入れがあるのだ(^^;。外は真っ暗。何してるのかなぁ。

18時少し前。その後一件の方から電話が入る。スイマセン、実はまだ朝出掛けたっきり戻らないのでして・・・、と話していたらドアが開いた。オヤジがクルマで帰ってきたところだった。なんでも200冊くらいと聞いて行ったら500冊くらいあったのだそうだ(^^;。たしかに荷台は本で満載。先様には、これからすぐ伺います、と伝えた。

やれやれ、この何日かでやっと少し片付いてきたのに、また店の通路が本で一杯になってしまった。(^^;。

2001-12-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事