月島もんじゃ

今日は年に一度のもんじゃデー。

なんて別に決めているわけじゃないけど、前回行ってから丁度一年経っていた。そろそろ食べに行こうよ、という感じ。

昨日も2時寝。連日の寝不足を解消しようと惰眠をむさぼる朝。それでも8時半には起きてしまう。結局まだ眠い。朝パンを済ませてメールチェックすると、気合の入った人がハリポタの初日オールナイトを見た感想を送ってくれた。スゴイね。

11時半過ぎに出発。新丸子から目黒線・南北線直通電車で永田町へ。有楽町線に乗り換えて月島まで。おおよそ45分。いつもの招き猫の置いてあるお店に入った。比較的すいている店内。それでもとっかえひっかえお客さんが入れ替わる。去年来た時もそうだったが、しっかりと食べるのは家族連れくらいで、若い人は昼ビールのおまけくらいにもんじゃを食べているのかもしれない。

メニューも増えた。今回はウィンナーバター焼き、きのこバター焼きを先に頼み、あとからミックス天(お好み焼き)を食べて、シーフードグラタンもんじゃとミックスもんじゃを頼んだ。もちろん生ビールは忘れない。
グラタン?ってどんな感じだろうと思っていたら、結構イケる。子供たちはかなり気に入った様子。ホワイトシチューの素とチーズであの味を出しているようだ。
混ぜてから、まず具を鉄板にあけ、それでドーナツ状にまあるく土手を作ってから中心にもんじゃの素を流し込むのが常道。しばらくしているうちに水分が少しづつ飛んで、しょうゆのこげた香ばしい香りが立ち昇ってくる。小さいヘラで周りからこそげるように食べすすめる。ビールが合ってなかなか乙な味わい。ほとんど油っけがないからお腹がもたれないのもいい。

ほろ酔い気分で店を出て、佃島へ移動。ここの公園でひとしきり子供たちは遊びまわる。その合間に久しぶりに来た佃島風景にレンズを向ける。今日はコンタックスAriaにディスタゴン35mm。夕日にリバーシティ21が照らされている。よく晴れた青い空。まだ寒くなりきらない晩秋のこの時期は散歩するのにいい季節だ。

段々暗くなって来たので動く。住吉神社を見学し、佃小橋を渡って石川島。中央大橋に差し掛かったあたりで、子供たちの「腹減った」攻撃が始まった(^^;。コンビニでオヤツ。子供たちはチョコドーナツにデニッシュパン。女房は肉まん。ワタシはパイ・シュー。

新川、八丁堀と歩いて日比谷線に乗る。17時半に帰宅。

2001-12-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事