向ヶ丘遊園

三連休最終日。今日はワタシの休日。

知り合いから向ヶ丘遊園の只券を頂いていたので、クルマで出掛けることにする。すでに同園は来年の3月に閉園が決まっている。最後の向ヶ丘遊園だ。

ここへ行くには南武線から小田急を乗り継ぎ、モノレールに乗って行くのが楽しみだったが、それも廃止されてすでにない。登戸のそばって良く考えたらウチからクルマで行けばホンの20分の距離だ。カーナビに案内されながら9:30ころ出発すると、10時前には到着してしまった。駐車料金は1日1000円。山を登って第五駐車場まで案内される。ガラガラと思いきや広大な駐車場が次々に埋まっていく。すごく混んでるじゃないの!

最後だと思うとなんとなくだらだら過ごしてしまうのがもったいないと思えた。女房もそう思っていたらしく、フリーパスを購入してしまうことにした。1人2200円だから4人で8800円。ただし、これでほとんどのアトラクションに乗れることになった。紙で出来たフリーパスを係のお姉さんに手首に巻き付けてもらう。
3歳の娘まで乗れるものが結構ある。最初は定番メリーゴーランド。ウチだけじゃなく、周りの人たちもはしゃいでいた。こういう基本的な乗り物は大切にして欲しいなぁ。コーヒーカップの代わりに花弁に乗る乗り物はグルグル回る。目も回った(^^;。子供たちははしゃいでいた。

昼飯は高台にあるカフェテリアでハーブカレー。ここで栽培されたものが使われているという。辛すぎないヨーロッパ風の味でなかなか美味。女房はスパゲッティ・カルボナーラ。息子はナン・ピザ。結構味はちゃんとしていてどれもうまい。

とにかくフリーパスを持っているものだから何に乗っても大丈夫とばかり、片っ端から乗っていく。普段は高くて乗れないものも平気で乗る。そうしていけば8800円くらいすぐに出て行ってしまうことに気が付いた。安いじゃん。ジェットコースターにも久しぶりに一人で乗った(^^;。観覧車から見た山の紅葉がきれいだった。

ウチのように閉園予定を聞いてあわてて駆けつけたような人も多かったのか、普段とは比べ物にならないくらいお客さんが一杯で、何に乗るにも並ばなければならないくらいの混雑。

子供たちがどうしても行きたいというブースカランドでひとしきり遊んでから帰路に着く。16時半。

途中、ジョナサンキッチンというイタリアンの店で食事をして帰宅。19時過ぎ。

2001-11-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事