なんとか

少し落ち着いてきた。

それでも今日もたくさん前金を頂き、急いで荷造りをし、愛書会の荷物の最後まで一緒に送り終えた。今回は少し嵩があったように思った。明日から3連休のためまた少し荷物が溜まってしまう。

一新会へ行っての帰り、忙しくて読むのを中断していた「石神井書林日録」を読み終えた。感想は山ほどあるのだが、ここには書かないことにする。

渋谷のBカメラでフィルムを買う。ISO200の36枚撮りフィルムが10本で1980円。普段の撮影ならこれで充分。レンズ拭きを全て使い切ってしまっていたので、ついでに買おうと思っていた事を帰りの東横線特急の中で気が付いた(^^;。
自由が丘で各駅停車に乗り換えるとケータイが鳴った。HIDEさんからだった。昨日G八書房さんへ届けた写真を今ご覧になっているとの事。ついさっきまで台湾のお友達とご一緒だったのだそうだ。「今日これから帰って(写真入)甘露日記見ます。」ありがとうございます(^^)。

店に戻ると息子が泣いていた。今度は何だろう?耳が痛いそうだ。とりあえず近所の耳鼻科へ女房が連れて行った。お茶の用意がしてあったので、昼寝中の娘の傍らでひとりアンパンを齧る。食べ終わったころに目を覚ました。畳にポロポロ落とさないように新聞紙を一枚ひいて娘専用の椅子に座らせる。「おかあちゃんは?」開口一番、心配そうに聞いてくる。やはり母親の姿がないと不安になるんだね。もうすぐお兄ちゃんを連れて帰ってくるよ、と言ったら少し安心したのか、アンパンを食べだした。

息子が帰ってきた。中耳炎のなり始めという診断。そういえば少し前に洟をグズグズいわせていたっけ。洟をかむときにどちらか一方づつかまないと、子供の場合洟が中耳に達することがある。多分自分で洟をかんでうまくいかなかった時があったのだろう。耳にスポイトでチュッと薬を入れてもらったら痛みも和らいだそうだ。とりあえず今日は風呂に入らないでください、とのこと。
近所の耳鼻科は2軒あるのだけど、普段から連れて行っていた耳鼻科の先生はワタシが小学生の頃にはすでにおじいさんで、今でも何とか開業しているお方。ちょっと不安になってきたから今日は新しく出来たところへ連れて行ったらしいのだが「こっちもおじいさんだったよー」と女房(^^;。どうして耳鼻科には若い先生が居ないのだろう?

明日から世間は3連休。といってもウチは休みません。

2001-11-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事