佳日

今日はHIDEさんとTOMOMIさんの結婚式当日。

場所は渋谷セルリアンタワーホテル。15時半からホテル内の教会で挙式の予定。
昨日のうちにKさんとメールで「モヤイ像前に14:15待ち合わせ」と約束しておいた。Kさんとはワタシの写真の師匠筋に当たる方だ。今日はどんな機材を持っていらっしゃるのだろう。

昨日用意しておいた機材を肩から下げて13:50頃に渋谷行きに乗る。よく晴れた日曜日の電車はターミナルに近づくにつれて人が増えていく。
持ち出した機材一覧。カメラはペンタックスLX+FA43mmF1.9。MZ-5+FA28-70mmF4。プラウベルマキナ67とデジカメキヤノンイクシの計4台。

14:10にモヤイ像前に到着。Kさんはすでに到着されて、腰をおろしてオロナミンCを飲んでいた。今日の撮影に対する気合を見る。その気合がワタシの想像を遥かに超えていたことを思い知るのは、カメラバックの中身を見せていただいた時だった。EOS7が2台にEF28-70mmF2.8ズームとEF70-210mmF2.8ズーム(IS)の威容。そしてコンタックスG2のセット。ワタシの機材の数倍値段の張る機材の数々。すばらしい・・・!
この待ち合わせの名所から逆光に浮かび上がるセルリアンタワーを望む。いよいよである。

246を渡ってセルリアンタワーに入る。なんだかすごい豪華だ。エスカレーターで上がって回転扉をすり抜けると別世界が広がっていた。広く取られた廊下、高い天井。控え室は地下2階と表示があったのでエスカレーターを再び降りる。地下2階に到着するとまたまた広い広いスペース。その向こう側にちょこんと座っているのはK書房のKさんだった。なんでも高速道路が全く渋滞なしで早く到着してしまったのだそうだ。しばらくしてTさん、Oさんほか、明古関係者が続々到着。少し落ち着いた。

この広いロビーの扉を隔てた向こう側に今日の披露宴会場が控えていた。最後の準備に追われるホテルマンたち。200人規模の披露宴を支える彼らもマジだ。

挙式が始まるまでの控え室。秋をイメージしたディスプレイが見事。挙式場までご案内のキッカケが出された。1階の教会へ移動。石造りの祭壇にはろうそくが明々と燈されており、すでに親族の皆さんは列席されていた。中では持ち込みカメラでの撮影はご遠慮くださいとのこと。ついついカメラを引っ込めてしまった。

2001-11-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事