愛書会

今日は愛書会初日。

明古がないため、一日愛書会の店番となる。昨日東京堂で買った「石神井書林日録」を携帯することは忘れなかったのだが、ケータイを忘れてしまった(^^;。
朝8時のラッシュの中、混雑と格闘しながら(^^;必死でこの日録をむさぼり読む。非常に面白い。

9時に教育会館へ到着するともうお客様が並んでいらっしゃる(!)。正直ビックリ。我々古書展を開く者よりも早いなんて。どうやら古書展は開催するより出かけていく方が楽しいものらしい。(←日録にも出ていました(^^;)納得。

もう会場が移って1ヶ月以上経つので、お客様の方がよっぽどこの会場の勝手を知っている。もう流れに任せる事にした。こちらの方が初めてここで商売をさせていただくのだ。
今回はウチの受注点数もまずまずで売り上げは上々。均一も力入れて集めたものから売れていく。で、古い在庫はやはり棚に残った(^^;。なんだかお客様の方がウチの棚をよくご存知のようだ。

昼飯はパレスサイドビルの地下食へ。SさんとSさんとMさんとワタシの4人。エゾ料理店へ入る。SさんとMさんはニシン焼き定食。Sさんはエゾ定食。ワタシは鮭親子丼。なかなかの味。なかなか味のある顔をした店員さん。こんな店を擁するなんて、この食堂街もなかなか濃い。お向かいには「無国籍料理の店」なんてあったりする。また来よう。

午後はレジに座りカネの出し入れ。お茶を飲む時間になったらもう売り上げの計算に入る。あっという間に閉店時間が迫る。棚の売れ残りの中で、明らかに痛んでしまっているものを一箇所にまとめる作業をした。これは別に縛っておいてあとで店の均一台に出す予定。それにしてもキリスト教書の新入荷品は根こそぎ売り切れていた。すごい!やはりウチの値付けは安すぎるらしい(^^;。

終了後会食。近くの中華へ。ここはSさんのお気に入りのお店。確かに前菜からうまいものが連続する。最後のデザートまで食べ終わったころには皆さん食べ過ぎたと言い出すくらい。おなか一杯でも胡麻団子とタピオカのココナッツミルクが入っていくから不思議。

帰りも「石神井書林日録」を夢中で読みながら電車に揺られる。店に戻るとまだオヤジが居た。売り上げを渡す。

メールチェック。ご注文の山に感謝。ありがとうございます。
ケータイをチェック。OさんとKさんから繰り返し着信有。申し訳ないです(^^;。

2001-11-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事