愛書会搬入

いよいよ今日は搬入の日。

なんせ初めての場所である。教育会館前の通りでは何故か女子大生が大挙として通り過ぎていく。K立大の女の子かなぁ。イイね(^^)。

16時に集合という事だったので、少し前に到着すると皆さんクルマで荷物を持ち込まれている所だった。どうやら荷物用エレベーターは1台。それもビル管理会社の人と共用で使うらしい。満載でカーゴ2台が限界といった最大積載量表示。こりゃあ結構大変そうだ。

7階の会場へ初めて入る。広さは丁度旧古書会館同等。ただ横に少し長いので台は6台ほど並ばないようだ。
その立てかけ台が壁を傷めないようにダンボールでカバーするのがこちらの決まり。カーゴで荷物を搬入するときにも通路にビニールシートを敷かなければならないのもこちらの決まり。S崎運送さんに荷物を頼んでいる人は会場設営、自前で持ち込みの人は協力して1階から7階まで品物を上げる作業に分かれて作戦開始。

S崎便の荷物も4階に溜め置かれていたので、1階から上がってくる荷物と半分づつしか7階まで上げられない。段々むずむずしてくるくらい仕事が進まないのだが、S崎運送さんによれば今日は早い方なんだそうだ。普段は会議が延びたとかの理由で17時半から作業開始となってしまうこともざらだとか(^^;。

会場設営と荷物を7階まで上げる作業は17時過ぎに終了。あとは各自で品物を並べる作業。その間も会長のAさんは他会でこの場所を一度経験した人から様子を聞いて仕事の動線を組み立てていた。会場に奥行きがないため、注文品は別の部屋に棚を並べて置かなければならず、一旦帳場前を通過して隣の部屋に置いてある荷物を出してこなければならないのだ。それをお客様に取りに行かせるのか、完全に立ち入り禁止として我々が一々取りに行ったほうがいいのか、を協議。
とにかく一度会場を出るわけだから、品物を受け取って帳場へ行かず、プイっと出て行ってしまえばハイそれまでよ、となってしまう(^^;。警備員が居るものの、やはりセキュリティの方針はしっかりして置かないと、ネ。
明日朝、バイトさんも交えて作戦会議の予定。

今回から愛書会にK書房さんが初参加。古典会の経営員をされていらっしゃるので参加そのものが一時危ぶまれたけど、家族総出で準備されていた。大変ですねぇ。

明日は9時集合。10時から開店なのでその間に仕事の動線を最終的に詰めるとのこと。

2001-11-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事