中央市会爆発!

中企センターに移ってから最初の中央市会。

会場に入って吃驚した。今までの市会とはスケールが違ったのだ。
フロアの半分を使って運営できた先週の市会とは違い、残置品を置いた半分のスペースにもマンガの大山が立ち上がっていた。フロア全部を使っての運営となっていた。さすが中央市会である。先週が祝日で休会だったという要素もあろうが、最初からエンジン全開という感じ。これで一週間すべての市会が新会場で開催した事になる。

一通り入札し終えてから長いあき時間。今日はコンタックスAriaに50mmプラナーを付けて持参していたので、再開発工事中の神保町を廻ってみる事にした。

錦町から一ツ橋へ歩いていくとすぐに再開発地域に出る。今まで縦横に通っていた路地は廃止されている。道を辿っていくと建設中の大きな鉄の骨組と忙しく動く大型クレーンが立ちはだかり、道を寸断していた。やはり建築物なので広角レンズのほうが使いやすい。ディスタゴンにしなかったことを少し後悔。ま。いいや。フレーミングを工夫して撮るようにした。フィルムはこの間買ったSINBI。

やはり今まで建っていた建物や走っていた道がなくなると、ここが神保町ではないような気持ちになる。クレーンの向こう側に明大の校舎や三省堂の看板が見えるのだが、心なしかかなり遠くに思えた。一時こうして何処だかわからないような感覚にさせておいてから、大きく29階建てのビルを立ち上げれば、もうそのビルはなくてはならない存在になっている筈だ。人間の感覚なんてすごく頼りないもので、無くなってしまえばあとは忘れるだけなのである。それがイイ時もあるけどね。

一通り撮影し終えてもまだ時間がありそうだ。三省堂の売り場を一巡り。別に立ち読みをするわけではない(^^;。今どんな本が売られているのかを勉強する為である。これでも本屋ですからね。大きい書店がどうやって本をディスプレイして販売促進に繋げているのかは、同じ本屋として知っておくべき事柄だ。

16時過ぎ。夕日を浴びながら中企センターに戻る。開札は進み、結果が出ている。あ。あの本もこの本もやられてる(^^;。にしても高いなァ。面白い本ってのは値段が比較的安いという要素も含まれていなければ面白くならないんだけど・・・(^^;。まともに買ったら荷主が”面白い”思いをするだけだネ、こりゃあ。

帰りに今日撮影のフィルムを現像に出す。

2001-10-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事