日曜日、多摩川。

久しぶりに快晴の日曜日。

起きたのは9:30。よく寝たなぁ。だけどこれじゃあ遠出は無理だな・・・(^^;。目ボケ眼にウルトラマリンの青空がまぶしい。

長男に今日は何処へ出かけようか?と聞いたら、意外にも「多摩川へ行きたい!」と力強い返事。凧揚げがしたいそうだ。遅い朝食を摂り、ぐだぐだとTVを見ていたら12時少し手前。休みの日はとことんグダグダだね。

途中のパン屋で昼めしを買い、長男が自転車で行きたいというから実家へ寄ってから丸子橋際の河川敷入り口へ向った。信号の前にあるアパートのゴミ置き場がカラスの襲撃にあったらしく、ゴミが散乱していた。その程度が尋常ではない。ネットがあったが何の役にもたっていなかった。
すごい数のクルマである。広い駐車場は言うに及ばず満車。さらに所構わずクルマが置いてある。それでも足りず、入場してくるクルマは絶えない。
東横線ガード下の先で凧揚げ、サッカーをして遊ぶ。しかし炎天下である。小一時間ほどで止めて川っぷちへ移動して昼めしにした。アメフト、野球の集団がたくさん居た。そうか、彼らみんなクルマで来るもんな。と思いながら歩いていると、何処もかしこもバーベキューをする人人人・・・。これまたすごい数(^^;。日光浴で半裸になった人も多いなぁ(^^;。
0513
釣れもしないのに釣り人が沢山いる。バスなんかいないのにスピナベやミノーを投げ入れている。こんな真昼間に来ても絶対釣れませんゼ(^^;。だってバーベキューに飽きた子供たちがすぐ隣で石をドボンドボンと投げ入れているんだもん。悪い事言わないから日の出の頃おいでよ。バスはいないけどね。

石投げの様子を見ていた我が家の子供たちもやりたくなったらしい。食べるのもそこそこに移動開始。爆弾投下を繰り返す。結構こんな単純な遊びが面白いらしい。拾っては投げ、拾っては投げ。終いには女房も水面を何回跳ねるかをやり始め、家族総出で石を多摩川へ投げ入れる。なーにやってんだか・・・(^^;。

帰りは当然のように長女は歩かない(^^;。抱っこして帰る事になった。重くなったなぁ。え?もう12キロもあるのかよ?!
05131

2001-05-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事