雨の日

雨である。

もう梅雨の走りかもしれない。4月にほとんど降らなかった分だけ降らせるつもりなのだろう。今年の5月は天気が悪そうだ。

雨の日は他の店同様、極端に客足が落ちる。傘という荷物がひとつ増えるだけでもお客様は相当な負担を感じられるのだろう。

久しぶりに荒木さんページを更新しようと思ったのだが、ちょっと考えてしまった。どれを取り上げればいいだろう。なにせ200冊以上ある人の写真集であるから、まだ書いていないものばかりなのである。書きやすいものから書いている関係上、段々書きたいことも書き尽くして行くのは仕方のないことなのかもしれない。それでも、読み始めれば面白い写真集ばかりである。
今日はちょっと前に市場で買った「女旅情歌」を書くことにした。カバー帯付きのキレイな1冊だった。この本は荒木さんの文章が冴えていて、ダジャレ連発で思わずプっと吹き出しながら、ワハハと声を出して笑いながらどんどん読み進めることが出来た。一読しての感想は、ワタシが下手にコメントを附すとその雰囲気が壊れてしまわないだろうか、というものだった。
荒木さんの写真集で写真と文章がセットになっている場合、説明は不要なのだな、と思った。

2001-05-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事