亀山湖

深夜1時半には目が醒めてしまう。

よっぽど行きたいんだな、と自分でも思った。ゆっくりと仕度をして、出発したのは2時半過ぎ。コンビニで買ったサンドイッチとおにぎりを食べながらアクアラインを使わずに陸周り。館山道の市原SAで休憩した後は30分ほどで亀山湖へ到着。4時半だった。

3.5mもの大減水だという。この時期としてはちょっとキツいな。4月に田んぼに取られて雨が降らなかったからだろう。大丈夫かなー?という悪い予感は的中した。出船して2時間してもアタリがない。そういえば去年もおととしもGWころに来たらボウズをくらってたな。そんなことに気が付いてしまった。産卵床を守るように水際に見えバスが居て、一人それを狙い撃ちして次々釣り上げている人が居た。この時期はそういう釣り方でもしないと釣れないのだろう。そこまではしたくない自分の限界が見えた。あとは流すことになってしまった。

5月から17:30が下船時間となった。しかし今日はUターンのピークである。どうせ釣れないから、と16時半には上がり、子供たちの待つ女房の両親の隠居城へ急いだ。しかし久留里手前から大渋滞。しまった、カーナビがあるんだからもっと手前で横道に入ればよかった。抜けるのに1時間も無駄にする。館山道も混んでいた。市原SAでトイレを済ませ軽食を買って渋滞に備える。東金道の分岐手前約10キロほど渋滞に付き合わされた。渋滞中にマックのたまごダブルバーガーをほおばる。
到着は19時。あたりはもう真っ暗で、ご両親は明日の朝市に出す野菜の仕分けにかかりっきり。忙しそうだ。子供たちはワタシの到着を待ちきれず、おにぎりを食べさせてもらっていた。TVは筋肉番付を映していて、女房のお姉さん夫婦の子供たちも食べながら見入っている。「おとおちゃん!」と歓迎してくれたのは長女だけだよ・・・(^^;。

一渡り食べ終わったら出発。アクアライン方面へ来た道を引き返す。当然ガラガラだったが、うみほたるは満車の表示。そりゃそうだろうな。

平間あたりでファミレスに寄ってスパゲッティを食べて帰る。もう22時を過ぎていた。寝るのは23時を過ぎるだろうから、22時間寝てない状態だ。夜中にドライブしていたのが昨日のようで今日だという不思議な感覚。やっぱり釣りは非日常へワタシを連れ込む存在なのだな、と妙に納得。

今日は消耗したけどね(^^;。
0505

2001-05-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事