2001.03.21. 秋桜子さんな日

水曜日。いつもと変わらない日が過ぎていくはずだった。

しかし今日は違っていた。一通のあるメールが昨日届いていたからだ。「明日はお店にいらっしゃいますか?」という簡単な内容のメールだったが、その中にはある意味が含まれていたのだ。ワタシが途中市場へ中抜けしますので、と告げると「それでは5時過ぎに」とお返事を頂いた。それだけで胸がワクワクした。

昼飯を食べ、12:40過ぎに市場へ向かう。月曜日に馬鹿買いした分の清算をし、地下からその荷物の一部を月曜日に引き続いてリュックと手提げ袋一杯に持ち帰った。気があせっていたのか、重い荷物でキツいはずなのに早足になっている。店に戻ったのは予定よりも随分と早かった。花粉だかなんだか知らないが、鼻がこそばゆいったらない。
鼻をかみながら持って帰ってきた本の整理。

そうこうしているうちに17:30を過ぎた。そろそろだろうか・・・。
あ。いらっしゃった!首からデジカメを下げて分かりやすいおにりんさんだった。いらっしゃいませ、こんにちは。初めまして。ああ!そのうしろには秋桜子さんもご一緒に・・・。初めまして!(^^)よくまあお越しくださいました。

秋桜子さんは18歳から写真家荒木経惟氏のモデルをされ、その記録が「秋桜子」という写真集にまとまっている。荒木さんの写真を語る上でなくてはならない方だ。今日は横浜で秋桜子さんファンページに掲載する写真を撮影していらしたそうだった。一度TVの荒木さんを特集した番組でチラッと秋桜子さんを見ていたし、ファンページでも書き込みを見ていたので、どんな人かな、というのは何となく掴んでいる気でいた。でもやはり好きな写真集の主人公が今ワタシの目の前にいらっしゃる、しかもウチの店で・・・と思うと何とも言いようのない気持ちになった。

秋桜子さんにも、おにりんさんにもお買い上げいただきました。荒木さんの撮影裏話もお聞き出来、その上お買い上げいただけるとは・・・。ありがとうございました。

ショートの髪型が素敵でした。(*^_^*)

渋谷東横線ホームの”多重”上原多香子と今井美樹。

渋谷東横線ホームの”多重”上原多香子と今井美樹。

2001-03-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事